2019.08.15 Thursday

ポリカーボネート×緑化フェンスのある庭 造園工事

0

     

     

    作業前

     

     

    IMG_3185.JPG

     

    IMG_3175.JPG

     

    IMG_3178.JPG

     

    IMG_3180.JPG

    この空間を緑いっぱいにします。

    しかし家のすぐ脇を流れるドブのため夏になると蚊が多く発生し臭いもするとのこと。庭を作っても庭に出てくつろげないのではないか。とお施主様は心配されていました。

    また、ドブの向こう側は公園ということもあり庭側のカーテン・障子・窓さえも開けることができずに生活をされていました。

     

     

     

    作業中

     

    IMG_6775.JPG

    目隠し&ドブの臭いが上がってこないように、背の高いフェンスを設けることになりました。

    しかし細長い敷地です。背の高い目隠しフェンスを設置してしまうと庭が暗くなってしまいます。

     

    IMG_7063 (1).JPG

    そこで考えたオリジナルのフェンス。

    ポリカ(ポリカーボネート)を採用しているので目隠ししつつ光を取り込めます。

    その手前には鉄筋を編んで柵状にしています。ツルを這わせれば壁面緑化することができます。

    目隠ししつつ光を取り込み、さらに緑を楽しむことができる。という欲張りなフェンスです。

     

     

    坪庭は樹脂のウッドデッキでしたが解体し、石と木で山の中のような雰囲気を目指します。

    IMG_6813 (1).JPG

    この石。天然石ではありません。

    岩盤をダイナマイトで破壊して作られた石。人が手を加えてこの世に生まれた石です。

     

    IMG_6815.JPG

    どの石も角が出ていて攻撃的な形。

    それでいて表面は印象派の絵画の色彩のようですね〜

     

     

    IMG_6827.JPG

     

    IMG_7006.JPG

    植栽も自然界にはない不自然な樹種の組み合わせですが、自然を感じられるように。

    「不自然な仕事で自然を表現する」というのが僕が庭作りの度に取り組んでいるテーマです。

    (そもそも、「庭」はそういうことだと思っています。)

     

    IMG_7280.JPG

     

     

    作業後

     

     

    IMG_7319.JPG

    ポリカを通して入ってくる光は淡くて優しい。

    山の東側の林床の中にいるような。

    天国にいるような。

     

    IMG_7398.JPG

    岩盤を爆破し作られた石。

    手前の石には岩盤にダイナマイトを仕掛ける際に開けたドリルの跡が。

     

    IMG_7382.JPG

     

    IMG_7283.JPG

    つる植物はお施主様と相談し「ツキヌキニンドウ」「ムベ」「常緑クレマチス」を植えさせていただきました。

     

     

    坪庭は四方から眺められるので気を使いました。

    和室。

    IMG_7346.JPG

     

    リビング。

    IMG_7331.JPG

     

    寝室。

    IMG_7341.JPG

     

    IMG_7272.JPG

     

     

     

    造園工事完了2か月後・・・

     

     

     

    背の高いフェンスのお陰でドブの臭いは上がってこず、臭くありませんでした。

     

     

    早くも伸びてきたツル植物。

    これから先、壁面緑化の茂らせ具合、手の入れ具合、光の入れ具合。

    どんな感じにもっていくか楽しみにしています。

     

     

     

     

    2019.05.22 Wednesday

    庭は芸術か。

    0

       

       

      ここ最近に行った展覧会で楽しかったものを。

       

      IMG_5455.JPG

      ミュシャ展。

      写真撮影OKな展覧会が増えました。

       

      IMG_5482.JPG

      ここでも。

      インスタが展覧会のあり方を変えてしまいましたね〜

       

       

      IMG_5501.JPG

      ところで草間彌生さんは発明家だし商売上手だと思う。(独断と偏見です)

       

       

      日本一稼いでいる現代アーティスト。村上隆氏はただの商売人ではない。

      先日トークショー拝聴しました。ほぼお金の話でしたけどね。

      200人以上のスタッフをかかえ、世界中から大きな仕事を取ってきては仕上げて売っていく。お殿様もお公家様もいないこの現代に狩野絵師集団がやっていたスタイルを維持している凄さ。

      一見プリントしただけに見える絵画作品も実はとんでもなく手間がかかっていたりします。

       

       

       

      IMG_8557.JPG

      安藤忠雄展 「挑戦」

      安藤忠雄さんの建築が好きです。特に初期の。

      装飾を限りなく減らし構成だけで勝負している潔さ。その哲学。「日本的」なもの。

      かなり影響を受けてしまいました。

      ここ2年ばかりの、僕の提案する造園プランにその影響が出ていると思うのですが、いかがでしょう。。。

       

       

       

      IMG_3437.JPG

       

      IMG_8518.JPG

      建築の日本 展。

      日本の家 展。

       

      造園屋・庭屋・庭師が集まると「庭は天然素材だけで作るべき」「コンクリートみたいなケミカルなものはできるだけ使うもんじゃない」

      皆、口を揃えてそんなことを言う。

      その脇で僕はいつも小さくなっていたものですが、この二つの展覧会を観に行ってからは堂々としていればいいのかな。と。

       

      「コンクリートはナチュラルな素材なんだよ。」

       

      (まー色々意見はあるのは解ります。話し合いましょう。)

       

       

       

       

      IMG_6484.JPG

      インポッシブル・アーキテクチャー 展

       

      これはおもしろかった。

      特に一番最後の展示ブースですよ。

      なぜザハ・ハディド氏の新国立競技場が着工目前で白紙になってしまったのか。

      役人と国民への痛烈な批判。しかと受け止めました。

      復興や年金や教育の問題。だいたいそれどころじゃないはずのこの時期に、なぜ東京オリンピックなんてやるの?と思っている僕みたいな連中が数多くいるからいけませんね。

       

       

      IMG_3462.JPG

      縄文展

       

      「ニッポンの、美の原点。」ってキャプション。

      いやーもう原点過ぎて共感できません。

      例えば飛鳥時代の服装とか建築デザインの美意識は共感できるけど、縄文土器や土偶のデザインは全く異質。

      縄文人の美意識。火炎土器の炎の表現。土偶の抽象的人物表現。現代のどんなアートも敵わないくらいの破壊力を持っている。

      それらを目の当たりにした時の。これって最高のアート体験ですよ。

       

       

      IMG_4524.JPG

      鴻池朋子

      「ハンターギャザラー」展

      秋田県立近代美術館。

      オープニングセレモニーの招待状をいただきましたので、行ってきました。秋田まで弾丸で。

      IMG_4541.JPG

      今回の新作の大作。の一部。

       

      IMG_4550.JPG

      旧作の皮緞帳の大作。さらに手が加えられて。

       

      展示会場は「造園的」でした。

      歩くことで変わる景色。隠れていたものが見えるようになったり。

      明るくなったり暗くなったり。上から俯瞰したり、潜ったり、下から見上げたり。覗いたり。

      窓の外遥か遠くの奥羽山脈までも取り込んだり。

      ただ作品を並べるだけではない展示方法。体験させる展示空間。さすがです。

       

      地球の誕生。躍動する動物たちの身体。古代人の神様に捧げる儀式。地球上で起こり続ける生きると死ぬの営みの瞬間瞬間をタイムワープしながら覗いてきた。そんな気分。楽しかった。

       

      ハンターギャザラー。狩猟採集民という意味だそうで。

      昔も今も、これから先の未来も、テクノロジーがどんなに発達しても人は自然から狩猟採集しなければ生きていけないのは変わらない。(コンクリートだってそう)

      自然の恵み。尊さ。一方で時として起こる容赦のない無慈悲な自然災害。自然への畏れ。

       

      僕も庭でそんなことを表現できたらな。ただ美しいだけの庭ではなく。

       

       

       

      IMG_6530.JPG

      フィリップス・コレクション 展

       

      この展覧会で特に印象的だったのは、空の色彩。それぞれの作家の表現方法は違えども。それを観て湧き上がる共通の感情。

      何とも言えないピンクのような、オレンジのような、陽が傾き始めた空の色。それに照らされた町並み。

      僕の家の近くの山の斜面に造成された住宅街でも1度か2度か、同じような色彩の光景に遭遇したことがあります。

      あの空の色を、地中海沿いでは日々見ることができるのだろうか。

      強烈に憧れてしまいました。行ってみたいな

       

      印象派の絵は良いですね。

      肌の色を肌色(今の絵の具では肌色というのは無いらしいですが)で塗らずに時には青や黒で塗ってしまうのが良い。

       

      庭作りも印象派と同じような行為なのでは。

      自然の景色。それを忠実に庭に再現したものは「庭」ではないと思っています(そもそも人間が自然の造形を忠実に再現できっこありませんが)。

      自然に触れた時の感動を人間のフィルターを通して、再構成し限られた土地に表現する。しかもデザインだけでなく庭の使い勝手まで考えて。しかもしかもメンテナンスがかかり過ぎないように。

      庭作りは難しい。

      だから庭は、アートにはなれない。

       

       

       

      僕のアイドル。

      アリス=紗良・オット。

      そのリサイタルへ。

      IMG_4577.JPG

       

      アンコールに何度も応えた後、疲れていたでしょうにサイン会を開いていただいて。

      IMG_4591.JPG

      天使過ぎるにもほどがある!

      IMG_4594.JPG

       

      IMG_4596.JPG

       

       

      その様子をインスタに投稿したら・・・

       

      IMG_5746.PNG

       

       

      アリスさん本人から「いいね!」いただきました!!!!!

       

      IMG_5745.PNG

       

      ピアノはもともとピアノフォルテという名前の楽器だったそうです。

      弱音から大きい音まで鳴らすことができる楽器。だからピアノフォルテ。

      発明された当時としては画期的な鍵盤楽器だったそうです。

      しかしなぜ今はピアノと呼ぶのか。

      それは、より美しい弱音が鳴らせる楽器だからなんじゃないかなー。と勝手に思っています。

      そしてその弱音の表現力こそピアノの上手下手を決める重要な基準だと思っています。

      アリス=紗良・オットさんのピアノは弱音の響きが繊細で美しい・・・

       

       

       

      ピアノ教室通い始めて4年。

      やはりガチのクラシックが弾きたくなってしまいまして。

       

      クラシック弾けるようになるには兎にも角にも「ツェルニー」をやっつけないといけないとのことなので。始めました。

      1番〜100番まであるので道のりは長く苦しい。死ぬまでに終えられるのか?

       

      プラス発表会に向けて。

      ベートーベンの「悲愴 第二楽章」練習中です。

       

      今のところ、ただ弾くだけならなんとか弾けますが、人を感動させるには程遠い。

      どうやって弾いたらいいのか悩んでいます。

       

       

       

       

       

      僕はただの造園屋ですが、一体どこへ向かっているんでしょうねー

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2019.02.02 Saturday

      奇をてらった庭。

      0

         

        グンマーの新井様邸。

         

        そうです。要するに実家です。

         

        ちょっとした土地があり。

        父から庭を作ってくれとの要望。

        IMG_5384.JPG

        よそで畑を借りて野菜を作っている父なので、庭じゃなくて畑にした方が良いと提案したのですが。

        どうしても庭がいい。とのことでしたので庭を作らせてもらうことになりました。

        身内の庭ですからね。せっかくなので普段できないことを、奇をてらってみたいと思います。

         

        IMG_5385.JPG

        まずは悪い土を10m3出して榛名の良い黒土を20m3ほど入れ、ざっくりと築山を作ってみます。

        図面なんてありません。

         

        (榛名の黒土。無数の小さい軽石が入っているので黒土ながら透水性があり良い土ですね。)

         

         

        IMG_5407.JPG

        在庫の水鉢と踏石を置いてみる。

         

        IMG_6195.JPG

        生け垣にマサキを植え、ゴロゴロした安山岩を入れてみる。

        水鉢の据え付けは、水のしたたり落ちる景色が最も素敵な角度に据え付けるので1時間以上かかりました。

         

        掘削時に地中から出てきたコンクリート製のひび割れた側溝を筧にしてみるという試みも。

         

         

        IMG_6647.JPG

        在庫のモミの木を使ってしまいます。

         

        IMG_6685.JPG

        やはりモミの木は良い。端正な姿。濃い緑色。

        そしてモミは一本ではなく大きさの違った複数本で組むとなおさら良いです。

         

         

        IMG_6694.JPG

        ただの築山でもいいのですが、実家の庭なので奇をてらってみます。

        やってみたかった鉄筋での土留めに挑戦。

        竹シガラミという大昔からある土留め工法の、竹の代わりに鉄筋でやるという。

         

        でもアールがきつ過ぎて失敗・・・

         

         

        IMG_8089.JPG

        これならどうでしょう。

        まさに鉄シガラミ。

         

        IMG_8179.JPG

        新たな鋼材との出会い。良い感じに鉄シガラミできました。

        この素材でのシガラミは、僕が世界初なんじゃないかなぁ。

         

         

        IMG_8195.JPG

        水鉢の周りには低木を植えまくる。

        モミノキ林の先にある「秘密の花園」です。

        普段はギュウギュウに植栽しない派の僕ですが。これも新たな試み。

         

        IMG_1436.JPG

        数か月後の春。ダイカンドラの種を蒔いてみる。

         

        IMG_1404.JPG

        ヒメツルニチニチソウも。

        ダイカンドラとともに茂り地面を覆いつくしてほしい。

         

        IMG_1438.JPG

         

        IMG_1440.JPG

         

        IMG_1426.JPG

         

        IMG_1410.JPG

         

         

         

         

         

        さらに数か月後。冬。

         

        IMG_5804.JPG

         

        IMG_5808.JPG

         

        IMG_5810.JPG

         

        錆びた鉄シガラミ。茂ってきたダイカンドラ。

        ラピュタ感。

        良い感じです!

        新しい感覚の「侘び寂び」をこの庭に発見しました。

         

        ヒメツルニチニチソウが茂ったらもっと良くなりそうです。

        いつかまた写真をアップしたいですね。

         

        図面のない行き当たりばったりの造園工事でしたが何とかなりましたw

         

         

         

         

         

         

        2019.01.08 Tuesday

        お蕎麦屋さんの庭。 完了。

        0

           

          お蕎麦屋さんの庭、完了いたしました。

           

          施工中のブログは→http://oyakata.zoen-arai.com/?eid=192

           

           

          IMG_2808.JPG

          珠玉の料理と蕎麦を食べに来た人の、気分を盛り上げる「前菜」のような庭。になってもらえたら・・・。

           

          IMG_2763.JPG

          ダイスギは幾何学的に、等間隔に植えています。「ダイスギ」は人間の都合で作った木なので。

          その人工的なダイスギ林の間から実生で生えたモミジが自由奔放に枝を伸ばす・・・。

          「人工」と「自然」を対比することで、より自然の造形の面白さを際立たせる狙いです。

           

          IMG_2766.JPG

          植栽する樹木・下草の種類はできるだけ減らしました。

          こちらのお店で食べることができる洗練された料理に影響を受けまして。

           

          IMG_2767.JPG

          見返りの景。

           

          従業員用の通用口。日々の打ち水やメンテナンスがしやすいように。こういうところも大事だと思ってます。

           

          IMG_2768.JPG

          原生林、里山、禅の庭、浄土の庭、財閥の庭。庭の表現は様々あるようですが、

          「山間部に暮らす中で、住居の周りに必然的に生まれたニワ」のイメージの庭。

          京都鷹峯にありそうな景色かもしれません。

           

           

          IMG_2809.JPG

          「切らぬウメ」

           

          IMG_2824.JPG

          「井戸の脇にウメを植えると井戸水が美味しくなる。」

          雨が降りウメの枝を伝った雨水が井戸に落ちると井戸水が美味しくなる。

          なんの科学的根拠もない言い伝えですが、井戸の脇にはウメが似合います。(独断と偏見)

           

          IMG_2823.JPG

           

          IMG_2827.JPG

          清らかな水がこんこんと湧き出ています。

          美味しい蕎麦には美味しい水が必要不可欠ですからね。

          もちろん湧き水ではなく水道水をポンプで循環しているのですが。美味しい水を使っていますという暗示です。

          実際にこちらでいただけるお蕎麦に使っている水は、不純物を99.9%除去した水を使用しているとのことです。

           

           

          IMG_2774.JPG

          この竹垣は造園あら井のオリジナルです。

          竹垣の間に普通あるべきはずの柱が見えません。柱がないとリズムが生まれないので、なんていうか時間が止まっているかのような佇まいです。

           

           

          IMG_2781.JPG

           

          ここでお庭はおしまい。

          この景色の向かいに暖簾があります。

          暖簾をくぐり、店内に入っていだくと、窓の外に良い景色が広がってるんです。

          それは、来店してからのお楽しみということで。

           

          竹垣を高くしてあえて周りの景色を遮断しているのも理由があります。

           

           

           

          蕎麦料理 すみや

          埼玉県入間郡毛呂山町大類604-5

           

           

           

          ご来店お待ちしております。

           

           

           

          施工中のブログは→http://oyakata.zoen-arai.com/?eid=192

           

           

           

           

          2019.01.08 Tuesday

          お蕎麦屋さんの庭。 施工編。

          0

             

            お蕎麦屋さんのお庭を作らせていただきました。

             

            埼玉県毛呂山町の「蕎麦料理すみや」というお店です。

            県内・近県の蕎麦愛好家の間ではすでにご存じの方も多いと思います。

             

            初めてのお打ち合わせでお伺いした際に思ったこと。

            IMG_0607.JPG

             

            IMG_0611.JPG

            シンプルでスッキリした作りの建物はただの蕎麦屋さんではないことが分かります。(蕎麦屋さんというと古民家風の店舗が多いですよね)

             

            IMG_0616.JPG

            既にアプローチだけは作ってありました。良い仕事してありましたのでこのまま活かしたい。

             

             

            そして何よりも、建物の南側に広がる店所有の梅林に感動しました。(写真は開花シーズンのもの)

            IMG_1039.JPG

            「サクラ切るバカ。ウメ切らぬアホ。」大昔から言いますが、

             

            「切らぬウメ。」、、、カッコイイな!

             

            IMG_0631.JPG

            その中でも「これは!」という一本。

            もしこの大きさの、この雰囲気を纏ったウメを材料屋さんで買ってきて植えたなら結構なお値段になってしまいます(ていうかこんな木なかなか見つからないでしょう)。

            これを使わない手はありません。

             

             

             

            また、お品書きを拝見したところお蕎麦屋さんというよりも料亭の内容でした。

            (実際に店主は料亭と蕎麦屋さんで修行されています。)

             

            店主との話し合いはとんとん拍子に進み。(ありがとうございます。)

            着工です。

             

             

            IMG_1348.JPG

            まずはウメを掘ります。

            既に葉が展開し始めてるし。でも大丈夫。ウメだから(汗)。

             

            IMG_1455.JPG

            移植です。

            40mほどの移動でしたが3トンありましたので持ち合わせの道具だけでは苦労しました。

            体力と気力をすり減らしながら一日がかりでどうにか植えつけました。

             

            IMG_1451.JPG

            やっぱでかい木はオーラがあります。ちなみに樹齢は40〜50年とのことです。

             

            IMG_1473.JPG

            客土して築山を作りました。

             

             

            IMG_1464.JPG

             

            IMG_1482.JPG

            石組み。

             

             

            IMG_1489.JPG

            植木の植栽。洒脱な枝ぶりの山採りのモミジを。

             

            IMG_1549.JPG

            塀に着手です。

            造園あら井オリジナルの塀を50mほど作ります。

             

            IMG_1718.JPG

             

            IMG_1719.JPG

            これは!?

             

             

            IMG_1720.JPG

            ケミカルブラザーズ!

             

             

             

            IMG_1645.JPG

            高校の同級生(觀科園)のダイスギも入りました。

             

            IMG_1563.JPG

            竹林から竹の伐り出し・洗い・加工も進めます。

             

            IMG_1844.JPG

            野溶接。

             

             

            IMG_1675.JPG

             

            IMG_1827.JPG

            きつい体勢の溶接・・・。

             

            鋼材の柱に防腐剤を塗り。木材を取り付けました。

             

            IMG_2204.JPG

            塀の内側と外側ではデザインが違うのですが、外側はシンプルな板塀です。

            外側の木工事部分はこの建築を設計施工された大工さんにお願いしました。

             

            IMG_2366.JPG

            内側はこんな感じで鋼材丸棒に竹を編んでいきます。

             

            IMG_2346.JPG

            この井筒。

            8年前に僕が京都での修行を切り上げて、京都を経つ直前に、古道具屋さんで一目惚れして購入した井筒なんです。

            それを納めさせていただきました。

            この井筒を使う日を夢にまで見ていました。ついにこの日が来ようとは。

            「大徳寺型」という井筒です。材質は江州御影石です。

            見た目はシンプルですが、若干それぞれの板石が同じ角度で内側に傾いています。合端がピタリ合うように加工するのはまさに職人技です。

            据え付けてみたらこの場所にもバッチリ納まりました。

            水がこんこんと湧き、溢れ出る仕組みに仕上げます。

             

            IMG_2454.JPG

            電燈の設置・配線も今回は造園あら井でさせていただきました。

            ローボルトなので電気工事士免許がなくても施工可能な製品です。

             

            IMG_2504.JPG

            試しに点けてみる。

            造園屋が自分で施工できるのだから自由に配置できて良いですね。

            IMG_2508.JPG

            明るさも明る過ぎず庭の照明としてはバッチリです。

             

            IMG_2594.JPG

            仕上げにシャキッシャキの白菜を植えて。(ウソです)

             

            IMG_2573.JPG

            景石に合った色のグリ石と砂利を敷いて。

             

             

             

             

             

            完了です。

             

            続く。

            2019.01.07 Monday

            燈籠を据え付ける。

            0

               

              燈籠を据え付けました。

               

              燈籠を据え付ける仕事が激減するこのご時世に。

               

               

              僕なんて独立してから燈籠をお納めしたのは、恥ずかしながら今回が初めてでした。

               

               

               

               

              IMG_2116.JPG

              燈籠だけでいいのでは。と提案していましたがお施主様たっての希望で水鉢も据え付けました。

              合わせて筧も。

               

              IMG_2128.JPG

              燈籠は「柚ノ木燈籠」。

              本歌は奈良の春日大社にあります。

              (↓コレです。僕が撮った写真。22歳くらいの京都修行時代初期。石造美術の勉強目的でスクーターで奈良に通ったなぁ。。。あの頃は熱心だったなぁ。。。)

              建物を見て、お施主様の好みを考えて僕が選ばせていただきました。

               

               

              IMG_2120.JPG

              水鉢は京都竜安寺の「吾唯足知」を写したもの。ちょっと豪華に台付きです。

              筧も付けて排水設備を整えて、水がぽたぽた落ちるようにしてあります。

              (本歌の写真はありません。竜安寺に据えられているものもレプリカです。寺務員さんに聞くと本物は奥にしまってあるとのことでした。)

               

               

              IMG_2118.JPG

              周囲の植栽はクロチクとキチジョウソウの間違いないコンビで。

               

               


              この燈籠と水鉢は茨城真壁の加藤さんに彫っていただきました。

               

              独立して間もなくの、まだ仕事がなくてヒマな時に関東の燈籠屋さんの仕事を知りたくて真壁中の燈籠屋さんを見学させていただきました。

              その時にお伺いし話を聞かせていただいた加藤石材さん。

              あれから8年。

              やっとホンモノの燈籠を納めることができる造園屋になれたことが嬉しい!

               

              img20190107_17511774.jpg

               

              img20190107_17534350.jpg

               

              img20190107_17545850.jpg

               

              img20190107_17582287.jpg

               

              加藤さんからご自身のPR資料を沢山頂いたんですが、スキャンするのメンドクサイのでこのくらいでw

              とにかく天皇陛下から勲章頂いているくらい凄い方なんです。

               

              しかも材料は、真壁の桜川御影石のなかでも大変希少な「アラメ」という部分で造っていただくという。

              IMG_0841.JPG

              このひと固まりが加藤さん所有の最後の一個。このタイミングで僕が訪れたこと。「縁」を感じずにはいられません。
              加藤さんも気合が入ったようで、竿の裏に自分の銘を彫らせて欲しいとのお願いがありました。もちろん二つ返事で快諾しました。

               

               

              黒雲母の一つ一つが大きいので「岩」感があります。

              IMG_0840.JPG

               

              このアラメで作られた燈籠は人の手で加工されてもなお「岩」であったことを訴えてくる。

              そんな気がします。

              IMG_0837.JPG

              (これは加藤さんの店に並んでいた三月堂型)

               

               

               

               

               

              石造品は腐りません。数百年持ちます。

              時間が経てば古色を帯びてさらに良くなります。

              数代にわたって一つの石造美術を受け継ぎ愛でるなんて、この使い捨ての時代に素敵じゃあないですか。

              末永く大事にしていただきたいです。

              ありがとうございました。

               

               

               

               

               

              2019.01.07 Monday

              池と流れを作る。

              0

                 

                 

                元々、植木のお手入れで出入りさせていただいていたお庭に池と流れを作らせていただくことになりました。。

                 

                作業前

                IMG_8717.JPG

                 

                 

                作業中

                 

                まずはお庭の解体から。

                既存の石も木も全て再利用するので仮の場所に移動・移植します。

                IMG_0706.JPG

                 

                IMG_0724.JPG

                既存の植木の中で一番大きいクロマツの移植。と

                既存の景石の中で一番大きい石の据え付け。

                この時点で位置を間違えちゃうと池も流れもイメージしている形ではなくなってしまうので慎重に・・・

                 

                クロマツは元の場所から1mほどしか動かしていませんがキッチリ根巻きしました。たとえ1mでも手を抜けません。

                 

                IMG_0770.JPG

                 

                IMG_0786.JPG

                排水とオーバーフローの配管。地味だけど大事な仕事です。

                 

                IMG_0802.JPG

                漏水チェックを済ませて。

                 

                IMG_0952.JPG

                池の護岸の石組みは水を抜かずにやりました。水面から出る石の一番良い表情を見ながら仕事したかったので。

                まだ3月。水遊びには早すぎた((+_+))

                 

                IMG_1031.JPG

                既存のアルミフェンスの一部解体&コンクリートブロック積み。築山の土留めになります。

                 

                IMG_1082.JPG

                築山を作り。次は流れの石組みです。

                 

                IMG_1164.JPG

                さすがに水を流しながらの仕事はできないのでぶっつけ本番です。

                上流から下流にかけてより変化が出るように、より多彩な音が出るようにイメージしながら。

                ・・・いつかの山中で出会った名もなき川に思いを馳せながら手を動かしました。

                 

                これはいつかの山中で出会った川の写真。

                IMGP0966.JPG

                 

                IMGP0972.JPG

                 

                IMGP5661.JPG

                日本の山にある無数の名もなき川。標高700mくらいの山でも登ればこのような素敵な川にいくらでも出会えます。

                その一つ一つの造形に造園屋の僕はため息が出るばかりです。

                こんな風に石を組んでみろって言われても、できるわけないから。

                 

                 

                 

                どうにか組み終え。

                IMG_1185.JPG

                 

                一気に撒き石と植栽をして仕上げです。

                IMG_1198.JPG

                 

                IMG_1199.JPG

                 

                IMG_1359.JPG

                 

                IMG_1370.JPG

                 

                IMG_1384.JPG

                 

                IMG_1386.JPG

                園路にはあえて粒の大きい砂利を敷きました。少々歩きにくいほうが山道っぽくなるかと思い。

                 

                 

                 

                お施主様、夜の景色も楽しみたいとのことで急遽、電燈を設置することになり。

                IMG_1626.JPG

                 

                竹林で伐った竹を加工して。

                IMG_1556.JPG

                こういうのはシンプルに。余計なことはしないのが一番だと思っています。

                 

                こんな仕上がり。

                 

                IMG_1472.JPG

                夜の景色です。iPhoneで撮ったら光が二重で写ってしまいました。

                 

                流れの様子。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                短い距離の流れですが変化に富んだ景色を作れたのではないでしょうか。

                流れの音に大変こだわりのあるお施主様ですが大いに喜んで頂きました。

                流れの石ころの一部はモルタルで固定していないので組み替えることが可能です。
                お施主様ご自身で組み替えては音の変化を楽しんでおられるようです。

                 

                2018.11.25 Sunday

                杉本博司ツアーズ。

                0

                   

                  少し前ですが、

                  小田原・熱海へ研修旅行へ行ってきました。

                   

                   

                  造園屋の仲間と。

                  IMG_4333.JPG

                  ちなみに僕が企画&幹事です(笑)

                   

                   

                  一日目は昨年秋にオープンした江之浦測候所へ。

                   

                   

                  入場する前にいきなりこれですよ。

                   

                  古材の板石、、、

                  IMG_4376.JPG

                  何が凄いかってコンクリートこびり着いたまま据え付けちゃってます。

                  好きな造園資材なので僕も100枚以上所有しているのですが。普通、古材の板石に着いたコンクリートやアスファルトやペンキは汚れと見なし綺麗に剥がしてから使うのものです、、、

                   

                  それなのに。杉本博司氏さすがです。

                  この付着したコンクリートも板石に刻まれた歴史ということなのでしょう。

                  新しいの価値観の「侘び寂び」とか「もののあはれ」ということでしょうか。

                   

                   

                  IMG_4316.JPG

                   

                  DSC_3439.JPG

                   

                  DSC_3565.JPG

                   

                  IMG_4337.JPG

                  鉄。 良い。

                  改めて。

                   

                  IMG_4322.JPG

                   

                  どうやって割ったんだろう?

                  IMG_4360.JPG

                   

                  IMG_4367.JPG

                   

                  DSC_3452.JPG

                  石だけでなくコンクリートのハツリ仕上げも多用されています。

                  延々と続くハツリ作業を僕も経験したことがありますが騒音と振動と粉塵で大変な作業なんです。

                  経験しているとより江之浦測候所の「遺跡感」が迫ってきます。

                   

                  IMG_4366.JPG

                  直前に降った雨のせいで溶け始めた氷のよう。

                   

                   

                  IMG_4350.JPG

                  真面目に意見を交換しながら。

                   

                  IMG_4347.JPG

                  時にふざけながら。

                   

                  IMG_4346.JPG

                  海景、、、

                   

                  IMG_4345.JPG

                   

                  とんでもない加工量・・・(汗)

                  IMG_4351.JPG

                   

                  IMG_4365.JPG

                  皆、思い思いに舐めまわすように観察してました。

                   

                  DSC_3457.JPG

                   

                  DSC_3468.JPG

                   

                  IMG_4344.JPG

                   

                  IMG_4340.JPG

                  この石の扱い。遺跡的な。

                  良い!

                   

                  IMG_4341.JPG

                   

                  茶室「雨聴天」

                  IMG_4327.JPG

                   

                  DSC_3595.JPG

                   

                  DSC_3582.JPG

                   

                  IMG_4339 (1).JPG

                  純粋な作りの茶室に屋根は錆びたトタン板。

                  雨の日の室内に響く雨音を想像する・・・

                  千利休も今生きていたら採用していたかも・・・(!?)

                   

                  DSC_3386.JPG

                   

                  IMG_4338.JPG

                  改めて鉄筋コンクリートって凄いよね。って。

                   

                  IMG_4324.JPG

                   

                  洗い出し。なんか途中から洗い具合が変わってましたけど、

                  IMG_4354.JPG

                   

                  IMG_4356.JPG

                  海景シリーズ。

                  大好き。所有したいなぁ。

                   

                  IMG_4359.JPG

                  鉄の扉の表面処理がカッコ良過ぎました。

                   

                  IMG_4371.JPG

                  石舞台古墳的な。

                  弊社石材置き場にもこれに似た景色があります(笑)

                   

                  DSC_3412.JPG

                   

                  DSC_3633.JPG

                  ヘイ、ブラザー。

                   

                   

                   

                  石の扱い方。鉄やガラスやコンクリート。その他の素材の扱い方。みたて。

                  大胆さ。自由さ。

                  でも決して奇をてらうことなく。

                   

                  日本と世界の文化や伝統的な意匠を深く掘り下げて、その延長線上でデザインしているので説得力があります。

                   

                  石も木材も鉄もコンクリートも扱う造園屋の僕たちには杉本博司の仕事。分かりやすく大変面白かったです。

                   

                   

                   

                  研修を終え、昼過ぎからは小田原港でとれとれの海鮮を買い、江之浦測候所近くのキャンプ場で懇親会です(笑)

                   

                  IMG_4276.JPG

                   

                  IMG_4277.JPG

                   

                  IMG_4283.JPG

                  宴は夜遅くまで続きました。

                   

                   

                  二日目。

                  IMG_4303.JPG

                  腹ごしらえをして

                   

                  IMG_4385.JPG

                  MOA美術館へ。

                   

                  IMG_4384.JPG

                  漆の扉。

                  よく解らなかったけど、大変な手間がかかっているらしい・・・。

                   

                  この鉄板の表面処理も良いですね。

                   

                   

                  ここもまた昨年、杉本博司氏が内装空間をリニューアルした場所です。

                  主に展示室の内装なので写真はほとんどありませんが。 

                   

                   

                   

                  IMG_4402.JPG

                   

                   

                  IMG_4394.JPG

                   

                  IMG_4397.JPG

                   

                  IMG_4404.JPG

                   

                  ああ楽しかった。

                  一人で行って自分のペースで観るのもいいけど、複数人で行ってそれぞれの意見を交わしながらというのも良いです。

                   

                  また何か企画したいですね〜

                   

                   

                   

                  2018.01.08 Monday

                  門松

                  0

                     

                    明けましておめでとうございます。

                    旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

                    本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

                     

                     

                    独立して7年目。

                    初めて門松のご依頼を承りました。

                     

                    変わったの作って!とのことでしたので。

                     

                     

                    シンプルに。大胆に。

                    IMG_9536.JPG

                     

                    大津磨きの壁を背景に。凛としてかっこいい!(自画自賛!)

                    IMG_9537.JPG

                     

                    門松の起源と歴史をもう一度勉強し直して。僕なりの一つの答えです。

                    IMG_9538.JPG

                     

                    「松」・「竹」・「梅」のウメは、白砂の上に表現してみました。心憎い演出。(自画自賛)

                    IMG_9539.JPG

                     

                    土台の鉄椀は、盃に見立てています。

                    IMG_9517.JPG

                     

                    シンプルだからこそ材料にはこだわりました。

                    竹は竹林から。

                    マツは野木から。大量に採取した中から良いもの・合うものを選んで使いました。

                    IMG_9464.JPG

                     

                    IMG_9431.JPG

                     

                    IMG_9461.JPG

                     

                    IMG_9498.JPG

                     

                     

                     

                    ついでに。

                    スタンダードな門松も作ってみる。

                    IMG_9409.JPG

                     

                    IMG_9410.JPG

                     

                    IMG_9503.JPG

                     

                    久しぶり過ぎてヘタクソですが来年(今年か)はもう少しマシなのができると思います。

                    IMG_9571.JPG

                     

                    次回もシンプルさだけは貫きたい。

                    IMG_9569.JPG

                     

                    IMG_9542.JPG

                     

                    二十歳代の頃、お伊勢さんへお参りした際。

                    お社。杉林。ゴロ太敷き。あまりにもシンプルな造形。その中に神様の存在を感じることができた気がして、

                    初めての感覚に大変感動したのを覚えています。

                    あの荘厳な雰囲気のひとかけらでも門松に表現できたらいいなぁ。門松は神様が降りてきた時の依り代なのだから。

                    それにはやはり、ナンテンやらウメの枝やら葉ボタンやらを飾り付けたような派手なものではダメなんだな。

                     

                     

                     

                    今年も近所の高麗神社にてご祈祷していただき新しい御札を頂戴いたしました。

                    残念ながら都合が合わず木魂式には今年は出席できず。

                    IMG_9638.JPG

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    どうか本年も安全に仕事に励めますように。

                     

                     

                     

                     

                    2017.12.28 Thursday

                    クロマツとアカマツ。

                    0

                       

                      独立して今年で7年目。

                       

                      マツのお手入れのご依頼がずいぶん増えました。

                       

                       

                      クロマツシリーズ。

                      IMG_8300.JPG 

                       

                      IMG_8558.JPG

                       

                      IMG_8575.JPG

                       

                      IMG_8580.JPG

                       

                      IMG_8787.JPG

                       

                      IMG_8788.JPG

                      クロマツ、かっこいいぜ〜〜〜〜〜

                       

                      IMG_8731.JPG

                       

                      IMG_8732.JPG

                       

                      IMG_9106.JPG

                       

                      IMG_9107.JPG

                       

                      クロマツのように手入れをすることで劇的にカッコ良くなる植木は他にはありません。

                      IMG_8968.JPG

                       

                      クロマツの場合は、ハサミを入れて枝を整理した後、古葉をむしります。

                      一本も残さず、キレイにむしり取ります。

                       

                      古葉をむしる。

                      僕ら造園屋は当たり前のように、普通にやっていることですが、

                      そんな剪定の仕方は世界中を見ても日本だけらしいですね。

                       

                      一本の木に対しそこまで手をかける。病的なほどに。

                      確かに変です。(理にかなっているんですけどね)

                      それが普通に、あちこちの家の庭に植えてあるって。

                      オモシロイ国です。

                       

                       

                      しかしです。

                      一芽一芽の古葉をむしるわけですから、ずいぶん手間がかかります。他の植木とは比べ物にならないくらい。

                      マツの手入れの値段は高いんです。

                      なのでマツを新規で植えることは滅多にありません。

                       

                      下のマツを見てください。

                      IMG_8799.JPG

                      これはテキトーにざっくりと古葉をむしり、仕上げたクロマツです。

                      丁寧に古葉をむしる方法に比べて5分の1くらいの作業時間で仕上げました。

                      それでもけっこう綺麗に見えますよね。

                       

                      うまく要点をおさえて剪定すれば、手間をかけなくてもある程度カッコイイクロマツに仕上げることができるんです。

                       

                      もちろん近くでよく見れば、丁寧に古葉をむしったマツの方が断然良いですけど。

                       

                       

                      造園あら井では予算に応じてクロマツ剪定いたします。

                      ご依頼お待ちしております。

                       

                       

                      アカマツシリーズ。

                      IMG_8971.JPG

                       

                      IMG_9265.JPG

                       

                      これはテンモクショウという品種のアカマツです。こういった変わりダネも面白い。

                      IMG_9272.JPG

                       

                       

                      IMG_8689.JPG

                       

                      やっぱアカマツ。幹の赤さがオシャレですね〜

                       

                      造園あら井の場合、アカマツの古葉はむしりません。(むしる造園屋もありますが)

                      古葉をむしったことをきっかけに樹勢が下ることがあるからです。

                       

                      なので剪定の手間は割とかかりません。

                       

                       

                      マツは現代的ではないと思われるかもしれませんが、そんなことありません。

                       

                      和モダンにはもちろん。エッジの効いた建築にも。

                      アカマツは「雑木の庭」「里山風の庭」にバッチリ合います。

                       

                       

                      いかがでしょう!?

                       

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM