2018.01.08 Monday

門松

0

     

    明けましておめでとうございます。

    旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

    本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

     

     

    独立して7年目。

    初めて門松のご依頼を承りました。

     

    変わったの作って!とのことでしたので。

     

     

    シンプルに。大胆に。

    IMG_9536.JPG

     

    大津磨きの壁を背景に。凛としてかっこいい!(自画自賛!)

    IMG_9537.JPG

     

    門松の起源と歴史をもう一度勉強し直して。僕なりの一つの答えです。

    IMG_9538.JPG

     

    「松」・「竹」・「梅」のウメは、白砂の上に表現してみました。心憎い演出。(自画自賛)

    IMG_9539.JPG

     

    土台の鉄椀は、盃に見立てています。

    IMG_9517.JPG

     

    シンプルだからこそ材料にはこだわりました。

    竹は竹林から。

    マツは野木から。大量に採取した中から良いもの・合うものを選んで使いました。

    IMG_9464.JPG

     

    IMG_9431.JPG

     

    IMG_9461.JPG

     

    IMG_9498.JPG

     

     

     

    ついでに。

    スタンダードな門松も作ってみる。

    IMG_9409.JPG

     

    IMG_9410.JPG

     

    IMG_9503.JPG

     

    久しぶり過ぎてヘタクソですが来年(今年か)はもう少しマシなのができると思います。

    IMG_9571.JPG

     

    次回もシンプルさだけは貫きたい。

    IMG_9569.JPG

     

    IMG_9542.JPG

     

    二十歳代の頃、お伊勢さんへお参りした際。

    お社。杉林。ゴロ太敷き。あまりにもシンプルな造形。その中に神様の存在を感じることができた気がして、

    初めての感覚に大変感動したのを覚えています。

    あの荘厳な雰囲気のひとかけらでも門松に表現できたらいいなぁ。門松は神様が降りてきた時の依り代なのだから。

    それにはやはり、ナンテンやらウメの枝やら葉ボタンやらを飾り付けたような派手なものではダメなんだな。

     

     

     

    今年も近所の高麗神社にてご祈祷していただき新しい御札を頂戴いたしました。

    残念ながら都合が合わず木魂式には今年は出席できず。

    IMG_9638.JPG

     

     

     

     

     

     

    どうか本年も安全に仕事に励めますように。

     

     

     

     

    2017.09.17 Sunday

    ピアノの発表会。

    0

       

      もう三か月も前の話なのですが。(・・・ブログ放置してました(^^;)) 

       

      ピアノの発表会に出ました。

       

      長女が習い始めたのを機に、僕もピアノを習い始めたのが33歳。

      3年目に入り。いつかは出たいと思っていた発表会に今回いよいよ出させていただきました。

       

      IMG_6474.JPG

       

      写真は僕じゃありません。

      僕の前に弾いた男子高校生です。

       

      参加者の中で僕以外にオッサンは一人もいないわけで。

      数十人の子供と数人の大人の女性の中に、オッサン一人が混じっている。そんな状況です。

       

      でも恥ずかしいなんて感覚は微塵もありません。

      こっちは必死です。

       

      本番直前は、緊張しすぎて吐き気がするほどです。

      そうなることは分かっていました。もともと緊張しいの僕ですから。

       

      あれよあれよと僕の出番。

      弾いている間は無我夢中です。

      7分間のステージですが、アッという間に終わってしまいました。

       

      指の震えが止まらなかった。たくさん間違えた気がする。

      でもとても気持ちよく弾けました。

      カワイの「SK-EX」という2000万円くらいするピアノだったのですが、マットな感じの鍵盤の感触。深い音色。

      自分で弾きながらとろけそうになる感じ。

      高いピアノというのはこういうことなんだなって。

       

      一応、参加者全員に、3人の偉い先生方が評価をしてくれます。そして僕の評価はというと、なんと

      IMG_6478.JPG

      最高位の「ブラボー3つ」いただきました!

       

      まさかの。です。

       

      間違えても、心を込めて丁寧に。

      間とか音の強弱に注意して「僕なりに」弾くことが大切なんだなって。

      ロックの世界じゃ「ヘタウマ」という概念がありますが。ピアノの世界も同じなんだなって。

       

      またピアノの音作りには庭作りにも通じるところがたくさんあることにも気づいたり。

       

      俄然面白くなってきた。

      来年も出ようと思います。

       

      今回は久石譲のワンサマーズデイという曲でした。

      どうしても弾きたかった曲でした。

      来年はどうしようかなー

      他にも弾きたい曲は山ほどありますが、

      やっぱり最終的にはクラシックを弾きたいのでこれからはツェルニーとか基礎からやり直したいです。

       

       

      最後に僕と娘がお世話になっている先生と一枚。

      IMG_6477.JPG

       

      キャバ嬢とボーイではありませんw

       

      キャバクラじゃなくて飯能市民会館ですw

       

       

       

      2017.06.10 Saturday

      梅雨入り

      0

         

         

         

        月日の流れは早いものです。

        つい先日紅白歌合戦観ながらビール飲んでいたと思えば、

        関東地方、梅雨入りですって。

         

        現場と事務仕事に追われる毎日で。すっかりブログを放置していました(汗)

        僕にとってブログは、庭に対する考えを誰かさんに伝える場所であるとともに、書くことで自分の頭の中を整理する場所でもあり。

        WEB上の自分のための絵日記でもあります。

        WEB上なのでいつでも読めますし、紛失したり盗られたり燃えてしまうことがありません。

        便利です。

         

        なので季節感がありませんが写真を貼っていきます。

         

        170410-001.JPG

        長女の入学式。卒業式もこの場所で撮りたい。

        撮らせてくれるのかな。すでにこの頃反抗的です・・・

         

        170412-004.JPG

        次女の幼稚園入園式。サクラの花びらをかき集めては投げる遊びをひたすらしてました。

        無邪気でかわいいな〜

         

        170412-001.JPG

        入園式後は恒例の日和田山登山へ。

        日頃、おっぱっぴーでヘタレな次女ですが、がんばる姿を見られて感動です!

         

        170430-003.JPG

        国立新美術館。

         

        170430-002.JPG

        ミュシャ展も

         

        170430-004.JPG

        草間彌生展も

        一部の作品はケータイのみの撮影が許可されていました。

        SNSの普及に伴ってですね。皆が撮ってシェアすれば強力な宣伝になりますもんね。

         

        170430-001.JPG

        根津美術館。

         

        170430-007.JPG

        十数年前に先輩と訪れて、庭園内の石造物の多さに感動した記憶があります。

        建築はリニューアルしましたが、庭がちょっと残念な感じ。十数年前もそうでしたが荒れている印象を受けました。

        石造品コレクションは良いのがたくさんあるのに生かしきれていません。費用対効果を考えるとやっていられないのはよく分かります。

        ・・・って言うのは簡単なんですよね。

         

        170503-006.JPG

        GWは「いわむらかずお」さんの絵本の丘美術館へ。

        娘らが「14匹シリーズ」の大ファンなのです。

         

        170503-001.JPG

        その近所の馬頭広重美術館へも行きました。

        隈研吾さんの設計です。

         

        170503-004.JPG

        数日前にも根津美術館を見たばかり。

        どちらもシンプルで、大胆で。明快です。

         

        170503-002.JPG

        日本の伝統的な意匠を、現代の素材と工法で再構築するということでしょうか。

        現代的でありながら、日本の意匠がもたらしてくれる陰影がカッコよすぎます。

         

        170503-003.JPG

        造園あら井は普段住宅の仕事に係わっています。

        こういったパブリックな建築を見ても仕事に生かせることはあまりなさそうですが、興味があるな〜

         

        170504-012.JPG

         

        170504-004.JPG

         

        170504-003.JPG

         

        170504-002.JPG

        ♪東武ワールドスクウェア♪

         

        170504-005.JPG

         

        170504-006.JPG

        新婚旅行で行った場所も!

         

        何が凄いって、樹木の表現が。

        170504-009.JPG

         

        170504-008.JPG

        樹木は全てホンモノ。

         

        170504-010.JPG

        盆栽仕立ての樹木を地植えしているのだから、管理が大変だろうと思います。

        入園料高け〜って入る時に思いましたが、出るころには納得です。

         

        170505-001.JPG

        高校の同級生とBBQ。

        子供が増えて、ずいぶんにぎやかになりました。

         

         

        このブログを見ると、遊んで暮らしているみたいですがちゃんと仕事してますからね。。。

         

         

         

        2017.03.28 Tuesday

        3.11

        0

          3月10日〜12日

           

          宮城県石巻と南三陸町に行ってきました。

           

          僕の造園修行時代の先輩が、今は都市計画の仕事をしていて南三陸町の復興整備事業に携わっています。

          東京事務所から石巻に出向し1年半。先輩がその間に知り得た震災のこと。復興のこと。地元の人の声。

          2泊3日の間、じっくり話ししながら案内していただきました。

          ありがとうございました。

           

           

          震災があったあの日、僕は独立して1か月もたたない頃で、仕事もお金も全くない状態でした。ボランティアに行きたいと思っても、家族3人食べていくのがやっとでしたので行けませんでした。

          あれから6年も経ってしまいました。

          僕の住んでいる埼玉からそう遠くないのに、被災地にすら行ったことのないことがずっと後ろめたくて。

          行ったところで何もできないのかもしれせんが、ただ手を合わせなければ。とずっと思っていました。

           

           

           

          DSC_0892.JPG

          日和山山頂。震災時、多くの市民がここに避難し助かったそうです。

          雪がちらつく中、津波にのみこまれていく自分の街を見つめ、ただ家族の無事を祈るしかない。

          こんな穏やかな日に、その時の絶望感をぼくは想像できない。

           

          DSC_0897.JPG

          海岸沿いに延々と続く真新しい防潮堤。

           

          DSC_0911.JPG

          クロマツの防砂林と防潮堤。

           

          DSC_0951.JPG

          大規模な復興事業。

          盛土。盛土。盛土。

          盛土工事にともない。日々、めくるめく道路が変わるらしいです。

           

          DSC_0960.JPG

          南三陸さんさん商店街。

          隈研吾さんのデザインだそうです。あえて仮設感を残したのだとか。

          3月11日、多くの人で賑わっていました。僕も地元の名産のカキを食べたり地ビール飲んだりお土産を沢山買いました。

          今は注目され賑わっていますが、この状態をどうやって維持していくのかが課題だそうです。

           

          もちろん僕らが意識して積極的に観光に行くことも大事なのではないかと。

          美味しいものいっぱいあります。僕としては特に海苔とカキが美味しかったです。

           

          DSC_0989.JPG

          高野会館と防災庁舎。

          高野会館に避難した約300人は助かったそうです。防災庁舎は、職員二十数名が犠牲になられました。

          今も防災庁舎を残すべきか取り壊すべきか議論される一方で、この防災庁舎を取り入れた「震災復興祈念公園」の計画が着々と進んでいるようです。

           

           

          この後、大川小学校にも行きましたが、悲しくて、カメラを向けることはできませんでした。

           

           

          この出来事を日本は絶対に忘れてはいけません。

          今も行方不明の家族を探し続ける人、仮設住宅に暮らす人、生まれ育った故郷に帰れなくなってしまった人。

          場所は違いますが収束しない原発。

          悲しみは今も続いています。

           

          3.11関連のテレビの特番。今年は少なかったようです。

          毎年、各被災地で行われている追悼式に首相がコメントを寄せる恒例が今年はありませんでした。

           

          あの日、テレビの画面に映し出された信じがたい映像を見て、誰もが抱いたいくつもの感情があったはずです。

          それを時々思い出して、東北に足を運ばなければと思いました。


          観光地も、美味いものもたくさんありますし。

           

           

          IMG_4540.JPG

           

          IMG_4553.JPG

           

           

           

          IMG_4583.JPG

           

          IMG_4565.jpg

           

           

          2017.01.21 Saturday

          明けましておめでとうございます。

          0

             

            明けましておめでとうございます。

            本年もよろしくお願いいたします。

             

             

            年が明けてすでに20日以上過ぎていますが・・・。

             

            気付けばブログ自体9月以来の更新です。

            月日が経つのは早いですね。

            先ほど確認しましたが、その間にも毎月3000以上のアクセスをいただいておりました。

            恐縮です。

             

            怠けていたわけではなく、それどころか相変わらずな毎日で。

            基本休みナシ。明るいうちは現場で泥だらけになり。夜も平均3時間ほど図面書いたり見積書や請求書作ったり。

            ブログに書きとめたいことは山ほどあっても、あり過ぎて。何から書こうか考えていたらタイミングを逃してしまって。

            そもそも誰かのために書いているブログでもないですが。

             

             

             

            今年の抱負です。

             

            「まさかの!」な出来事が多かった2016年。

            まさかの!車上荒らし。(仕事中、車から目を離した隙にバッグごと全部盗まれる)

            まさかの!インターネットショッピング詐欺。(注文したのに商品届かない)

            まさかの!造園工事したのにお代金支払ってもらえず。(信じられない・・・)

            まさかの!十数年間連続の無違反記録ストップ。(あれは運だよね・・・)

            思い返すと厄年か?と疑うくらいイロイロありました。

            20代の僕だったらキレたりフテ腐れてたりしていただろうけど。

            でも35歳の今の僕は不思議と何があってもどうってことなかったな。アホな顔してヘラヘラしてました。

            商売してたらそりゃイロイロありますがな。

             

            といっても平穏無事が何よりです。

            なので今年の抱負はズバリ「平穏無事」。

            地味ぃ〜でいいから事故なくケガなく病気なく。毎日仕事に打ち込められたら最高です。

             

            そんな感じで2017年。始まってます!

             

            恒例の造園系新年会。

             

            手ごろな竹って意外と少ない。

             

            筧製作。

             

            筧・尺台・柄杓の交換。

             

            植木屋&左官屋系新年会。木の魂を鎮める木魂式。

             

            毎年恒例。高麗神社でもご祈祷していただきました。

             

            伐採。

             

            伐採、伐採。

             

            外構&造園工事も。あと少し。

             

             

             

            そうそう。2016年「まさかの!」他にもありました。

            ずっとガラケー派でしたがiPhoneに変えました。

            そしてインスタグラムはじめました。(正確には5年ほど前にちょこっとやっていたので再開しました)

            ホームページのインスタのタグからジャンプして見ることができます。

            ブログは止まっていましたが、こちらは毎日更新しています。

            ある造園屋さんの日々のリアルが垣間見れるのではないかと。  |ω・)

             

            2016.07.22 Friday

            株式会社 造園あら井

            0

               

              お世話になりありがとうございます。造園あら井です。

               

              ご報告遅れましたが7月1日をもちまして株式会社になりました。

               

              前株です。「株式会社 造園あら井」と表記します。

               

               

              法人化したからといって仕事のしかた、気持ち、スタンス。何も変わりません。

               

              今まで通り、ご依頼があればそちらに赴き、お話をお伺いし、現場を見て、お客さんと一緒に考え、悩み、閃き、提案し、話がまとまれば施工させていただく。竣工後は定期的にお手入れして、庭がもっと良くなるように努力する。

               

              そんな感じです。

               

              自分が良いと思える仕事ができて、お客さんに喜んでもらえてご飯を食べていけるのなら最高です。

               

               

               

              法人化することに全く興味がなかった僕ですが。周りに勧められ、周りに動いてもらい株式会社になりました。

               

              なのでメリットデメリットイロイロあるらしいですが、僕には聞かないでください。ホント何も分かっていないので。

              ムズカシイことはその方面のプロに任せてあります。僕は造園に集中するだけ。

               

              なぜ会社にしたのかと言うとただ一つ、信用度が増すということなので。それだけが決め手です。

               

               

               

              個人のお客様はもちろん、寺院・ホテル・店舗・旅館・料亭・新興宗教施設・美術館・公共事業・企業・ガーデニングコンテストなど、修行中を含め今までに経験させていただいた現場の数は多い方だと思っています。

              同じ庭仕事でも現場により仕事の進め方・納め方はそれぞれでした。

              せっかくなので経験を活かしてさらに面白い仕事に挑戦できればなぁって最近思います。今後の目標です。

               

               

              今後とも蠡け爐△薜罎鬚茲蹐靴お願いいたします。

               

               

              2016.05.26 Thursday

              バッグを盗まれた。フライターグのバッグ・・・

              0

                仕事中にバッグを盗まれた。

                バッグをトラックのキャビン内に残したまま鍵をかけたりかけなかったりで仕事をしてて。
                トラックから離れていたほんの少しの間に盗られたのだと思う。完全に僕自身のミス。
                夢中で仕事してたからなー。さあ帰ろうって時にあるはずのものがないことにやっと気が付いて。

                バッグの中にはいろいろな資料や書類やデジカメに加え財布も。
                現金はたいして入っていなかったけど運転免許証・クレジットカード・ETC・健康保険証・資格証明証が持って行かれた。

                再発行の手続きめんどくせー。でも再発行できるからまだいいので。


                バッグはフライターグのドラグネット。財布はビトンのエピ。
                どちらもお気に入りだったのに。
                もう戻ってこないと思うと悔しくて悲しくて。

                フライターグのバッグは先輩の影響で買い始めていくつか持っていて盗られたものはその中でも一番最初に買ったやつ。
                フライターグは一点モノだし壊れてもリペアできるので一生モノのバッグ。
                なにしろドラグネットっていう形が仕事用バッグとしてとても使いやすく気に入っていた。

                ビトンのエピは二十歳になった記念にとアルバイトして貯めたお金で買ったもの。
                それこそリペアすれば一生使えるとのことで、そこに魅力を感じていた。
                今まで15年間使ってきて縫製の一部がほつれていたもののホントに一生使えるなと手応えを感じていた矢先だったのに。



                フライターグは新しいのを買います。やっぱり形はドラグネットかな。
                あの大容量。そして雨や粉塵をものともしない。
                ガバッと素早く開いてグイグイ荷物を詰め込んで片方の肩で背負う気楽さ。
                汚れたってそれすらデザインになる。
                フライターグのバッグといっても形がたくさんあるしいくつか使っているけれど、やっぱドラグネットが一番フライターグらしくてカッコイイって思う。

                ビトンのエピはもう買いません。
                二十歳の時は細身のイケメンでしたけど(w)15年経って顔は黒くなり顔も体も丸くなって似合うわけもないので。



                二十歳の時かー。当時は気楽で毎日楽しかったなー。植木屋を志して間もない頃だったかな。





                 
                2016.05.08 Sunday

                GW

                0

                  GWは高校の同級生とBBQをしたり。
                  自宅の家庭菜園整備したり。
                  家族でキャンプに行ったり楽しませてもらいました。

                  ほんとは遊びに行っている場合ではないほどで。
                  イロイロな方々にご迷惑をおかけするのを承知で世間様並みに休みを取らせていただきました。



                  DSCN1138.JPG

                  家から30分の飯能市名栗のキャンプ場。


                  車に道具を積んで移動してテント張って火をおこして。
                  あ〜めんどくさい。めんどくさいけど森の中でプシュッとやるその瞬間のために!
                  DSCN1159.JPG

                  DSCN1164.JPG

                  DSCN1163.JPG
                  うまそうに食うよなぁ〜
                  DSCN1165.JPG
                  キャンプたのしーーーーーw
                  DSCN1172.JPG




                  GW明け1発目の仕事は。

                  石貼り。
                  DCF00685.JPG

                  DSCN1199.JPG
                  材料が足りなくなりそうだったのでサクッと諏訪の採石場へも行ってきました。

                  採石場近辺の
                  アカマツ林。

                  延々と続く
                  カラマツ林。
                  DSCN1213.JPG

                  雑木林。
                  DSCN1216.JPG

                  東山魁夷の絵の世界だわ。
                  DSCN1207.JPG
                  新緑だけでなくヤマザクラやコブシの花も楽しめました。
                  このままビーナスラインでもゆるりと走りながら、新緑の白樺林も眺めに行きたいな〜
                  後ろ髪をひかれつつ。現場が動いてるのでとんぼ返りでした。
                   
                  2016.04.21 Thursday

                  【求人】 蠡け爐△薜罎任禄抄醗・見習いを募集しています【造園工】

                  0


                    蠡け爐△薜罎任禄抄醗を随時募集しています。

                    経験値は問いません。
                    25歳までのやる気と体力のある方。
                    要普通自動車運転免許(AT限定不可)
                    茶髪・金髪不可(個人様邸に出入りしているため)

                     

                     

                    仕事内容: 個人様邸庭園の剪定・維持管理  造園・庭作り・外構工事 等

                     

                    賃金: 日給8000〜

                     

                    休日: 日 祝

                     

                    加入保険: 雇用 労災 健康 厚生

                     

                    試用期間:3か月

                     

                     


                    埼玉県日高市野々宮の倉庫に集合後、現場へ向かいます。
                    主な現場は埼玉・東京・群馬です。まれに地方へ出張もあります。

                    仕事内容はお庭の剪定・庭作り・外構工事です。ホームページやブログの施工事例を見てもらえれば分かると思います。

                    例えば平均的な造園会社よりも庭作り・外構工事の仕事は多いので、使える技術を学べる機会は多いと自負しています。

                    ハードな仕事ですが一生懸命に仕事に打ち込めば剪定・造園技術が身につきます。

                    どこへ行っても自分の腕一本で飯を食えるようになれます。

                     

                     

                     


                    やってみたいと思う方は簡単な自己紹介・住所・連絡先を記入しメールを下さい。



                    TEL:0120-38-5109 
                    MAIL:info@zoen-arai.com
                    WEB:http://zoen-arai.com

                    2016.02.11 Thursday

                    フジコヘミング フランク・ゲーリー 村上隆

                    0
                      日曜日のこと。


                      どういう風の吹き回しか。嫁さんにモスクワ国立交響楽団とフジコヘミングのコンサートのチケットを貰ったので一人で行ってきました。
                      東京オペラシティです。



                      モーツァルトとかリストとかチャイコフスキーとか。
                      下は追加曲。
                      DCF00535.JPG

                      クラシックのコンサートなんて高校生だったか中学生だったかの学校行事以来です。
                      最初から最後まで気持ち良くぐっすり眠れたという記憶しかありません。大人になりクラシックを聴いたり自分もピアノ教室に通うようになると良いなぁって思えるようになりました。

                      感動してコンサート後、フジコヘミングのCDを衝動買いしてしまい。でもそれがスタジオ収録盤で。

                      コンサート収録盤にしておけばよかった。




                      ついでにフランク・ゲーリー展へも。
                      DCF00526.JPG




                      かなり面白かったです。
                      長文になりそうだしだいたい僕の文章力では伝えられないので何も書きません。
                      もっと知りたくて、高めの本を1冊買ってしまった。



                      ついでのついで。村上隆の五百羅漢図展へも行き。DCF00540.JPG


                      DCF00544.JPG

                      思いがけず楽しめました。

                      それにしてもなぜ村上隆は嫌われるんですかね。
                      日本のオタクが築いてきたアニメ文化を横からかっさらって世界に売りぼろ儲けしているから。ほとんど絵はスタッフに描かせているから。日本人がもつ「芸術家とはこうあるべき」みたいなイメージとかけ離れているから。立ち振る舞いが偉そうだから。
                      オリジナルじゃないから。

                      でも真のオリジナルって世の中にそんなにあるもんじゃないと思うし。そもそもオリジナルにこだわることもないのかも。でも
                      この数時間前に観たフランク・ゲーリーはオリジナルだと言える。天才とはああいった人のことを指すのだと。だから
                      思いがけず楽しめる。って、それで十分じゃないでしょうか。
                      なぜ展覧会やコンサートに行くのかと言えば日々の単調な生活の中で非現実的な体験をしたいから。それは村上隆の言葉なんですけどね。激しく同意する。

                      庭も同じことだと気づかされました。
                      庭は非現実体験。自分の家の庭先の、人工の雑木林。繁った植木の根元に据えた水鉢に、野鳥がやってきて水浴びをしてピィと鳴く。それを家のリビングからパンを食べながら眺めることができる。
                      それってやっぱり。でしょ。それだけじゃないけどね。

                      何を見ても聞いても結局庭の話に行き着いてしまいます。
                      そしてまとまらない考え。

                      寝よう。


                       
                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM