<< 国際バラとガーデニングショウに。 | main | 「木登りのための木」の植栽 >>
2012.03.23 Friday

市松模様のアプローチ工事

0
     群馬県藤岡市でのアプローチ工事です。
    (有)群峰園とのコラボレーションで仕事させていただきました。
    お施主さんも奥様も、群峰園も僕もみな高校の同級生ですので、打ち合わせ〜施工〜完成まで大変楽しく仕事させていただきました。


    セキスイハウスの新築に、玄関までのアプローチを作ります。
    建築に合うように。和風だけどモダンなデザインを目指して打ち合わせを重ねました。


    着工です。
    測量⇒床掘り⇒路盤材を敷き均し⇒プレートで転圧。
    それから板石を市松模様で据えていきます。空練りのモルタル(パサ)で固定しました。



    板石は古材を使用しました。
    かなり良い板石です。おそらく中国のどこかの公共の場で使われていたものです。
    長い年月、数多くの人に踏まれた石の表面はなめらかに削れているので新品の板石と比べるとしっとりした雰囲気です。京都などで茶庭を作る時には新品ではなく古材を好んで使われるのはそのためです。他にも古材の優れた点はたくさんあります。しかし挙げればきりがありませんので割愛させていただきますが。 欠点は、古材ですので数に限りがあり高額になってしまうことです。
    今回は大変良いタイミングでこの板石に出会うことができたので安く提供することができました。



    どんどん据えていきます。
    古材の板石は分厚く、裏面がガタガタの割り肌なので据えにくいです。



    板石を据え終わったところ。
    真っ白ではなく薄いベージュ色なのもいい感じです。
    2尺×2尺のサイズも建物のスケールに合っています。



    今度は鉄平石を据えていきます。
    小端(平らの面ではなく細い面)を見せて据えていきます。
    建築の外壁を意識してこのデザインにしました。
    手間のかかる、腰の痛くなる作業です。


    腰痛い・・・。



    据え終わりました。腰痛かった・・・。



    土を入れ、モミジとアセビを植栽しました。



    庭園灯と、このお宅に先祖代々受け継がれている「隕石(!?)」も据え付けました。



    土の部分は芝生を張ります。後日、お施主様ご自身で張っていただく予定です。

    芝生の新芽が出揃う頃に見に行きたいと思います。



    工事中、お昼休み・休憩時に振舞っていただいた奥様の手料理が大変美味しかったです。
    高校時代、奥様は僕らの学年のアイドル的な存在でしたので感動もひとしおでした!
    ごちそうさまでした!
    次は敷地奥のお庭の改修工事で再びお世話になります(!?)
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM