<< 2016年夏の手入れ 生垣 | main | 夏休み。土木展とHouseVision。 >>
2016.09.02 Friday

夏休み。 スノーピークや天龍寺など。

0

     

    8月21日〜8月27日、遅めの夏休みをいただきました。

    前回休んだのいつだっけ?ってくらい休んでいなかったので長めの夏休みにしました。

     

     

    車にキャンプ道具を積んで。とりあえず家を出発・・・

     

     

     

    中央道を走り。

    まずは岐阜県・恵那峡の「国民宿舎恵那山荘キャンプ場」で一泊。

    160821-001.JPG

    大好きなアカマツ林に囲まれたスペースにテントを張って。

    見上げたアカマツの枝が気持ちいいのでタープは張らず。

     

    「テントを張れば、そこが庭になる。」

    勝手にスノーピークのキャッチコピーを考えてみるw

     

     

     

    恵那峡を後にして、嫁さんのご両親が暮らす福井県に滞在した後は、

    急遽京都へ行くことに。

     

    今もお世話になっている先輩に挨拶して!

    160824-008.JPG

    僕もいつか所有したい石造品がいっぱいです。

     

     

    そして。久しぶりの天龍寺へ!

     

    この庭園を維持管理している会社に勤めていました。

     

    急な訪問にも関わらず、かつての同僚が歓迎してくれて。

    しかも番頭さんが庭園を案内してくれました。

     

    160824-002.JPG

    庭の世界じゃあまりにも有名な曹源池庭園。

    夢想国師が作った、今見てもアバンギャルドな滝石組みの背景には帯状の林が幾重にも連なっていて。その林が優雅な佇まいの山に続いていく。

    写真では分かりにくいけど、林の色の濃さのグラデーションがカッコよすぎる。激しい滝石組みと優雅な山の対比がおもしろい。

    山紫水明っていう言葉を思い出す。

     

    160824-003.JPG

    こちら側の奥に見える愛宕山は番頭さんが手を入れるまでは茂った樹木で見えなかった。

    山に生えた巨木を何本も切り倒して実現したこの景色。

    愛宕山もまた庭の一部になっている。

     

    160824-004.JPG

    以前よりもアカマツの苗木があちこちに植えられていました。

     

    昭和の初めまでこの一帯は見事なアカマツ林でした。古写真で残っています。

    マツクイムシの流行で現在はほとんどのアカマツが姿を消してしまいましたが、番頭さんは昔の景色を再現しようとしています。

     

    再現するだけではなく巨大化しすぎた常緑広葉樹などいらないものは伐採・整理したり、モミジやサクラ・ツツジなどの花木を増やしたり、園内を散策して楽しくなるような仕掛けがそこここにありました。

     

    特に春と秋。それはそれは美しい景色になることでしょう。

     

    たぶん、リアルに「桃源郷」を作ろうとしているのだと思う。

     

     

    パワーアップしていた天龍寺。どこまで行くんだ天龍寺。

     

    数十年も変わらぬ姿勢で天龍寺の庭に取り組む番頭さんの気迫に久しぶりに触れて、感動して少し泣けた。

     

     

    僕も人の気持ちを揺さぶれる造園屋になりたいです。

     

    160824-005.JPG

    ありがとうございました。

     

     

     

     

    160824-006.JPG

    ベタな場所でベタな一枚を。

     

     

    ラーメンタンポポ!隣のボロアパートに暮らしていた頃よく食べてた。

    変わらぬ味でした。

    160824-009.JPG

    風呂に入るのに、一旦屋外に出なきゃいけない構造だったボロアパート。

    小さな専用庭は板塀で囲って安曇川砂利敷いて鉢植えのツバキで飾ったっけ。

    冬は寒くて不便で。でもなかなか風情のある暮らしだったなー。

    10年以上も前の話。今もそのボロアパートが現存してたのでビックリした。

     

     

    リニューアルしていた坪田商店。

    160824-001.JPG

     

     

    根切りやカナテコとか地ゴテとか。作り手の高齢化&跡継ぎ不足で無くなっていた商品がたくさんあった。

    160824-007.JPG

    ツボタフリークの僕はこれからどうやって生きていけばいいんだろう・・・。

     

     

     

    京都を後にして、今度は太平洋側を走り帰路につきました。

    浜名湖沿いでキャンプ。今度はクロマツ林が御馳走です。

    160825-003.JPG

    「テントを張れば、そこが庭になる。」

    もう一回言ってみるw

     

    160825-002.JPG

     

     

    160825-004.JPG

     

    「人生に、野遊びを。」

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM