<< クロマツとアカマツ。 | main |
2018.01.08 Monday

門松

0

     

    明けましておめでとうございます。

    旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

    本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

     

     

    独立して7年目。

    初めて門松のご依頼を承りました。

     

    変わったの作って!とのことでしたので。

     

     

    シンプルに。大胆に。

    IMG_9536.JPG

     

    大津磨きの壁を背景に。凛としてかっこいい!(自画自賛!)

    IMG_9537.JPG

     

    門松の起源と歴史をもう一度勉強し直して。僕なりの一つの答えです。

    IMG_9538.JPG

     

    「松」・「竹」・「梅」のウメは、白砂の上に表現してみました。心憎い演出。(自画自賛)

    IMG_9539.JPG

     

    土台の鉄椀は、盃に見立てています。

    IMG_9517.JPG

     

    シンプルだからこそ材料にはこだわりました。

    竹は竹林から。

    マツは野木から。大量に採取した中から良いもの・合うものを選んで使いました。

    IMG_9464.JPG

     

    IMG_9431.JPG

     

    IMG_9461.JPG

     

    IMG_9498.JPG

     

     

     

    ついでに。

    スタンダードな門松も作ってみる。

    IMG_9409.JPG

     

    IMG_9410.JPG

     

    IMG_9503.JPG

     

    久しぶり過ぎてヘタクソですが来年(今年か)はもう少しマシなのができると思います。

    IMG_9571.JPG

     

    次回もシンプルさだけは貫きたい。

    IMG_9569.JPG

     

    IMG_9542.JPG

     

    二十歳代の頃、お伊勢さんへお参りした際。

    お社。杉林。ゴロ太敷き。あまりにもシンプルな造形。その中に神様の存在を感じることができた気がして、

    初めての感覚に大変感動したのを覚えています。

    あの荘厳な雰囲気のひとかけらでも門松に表現できたらいいなぁ。門松は神様が降りてきた時の依り代なのだから。

    それにはやはり、ナンテンやらウメの枝やら葉ボタンやらを飾り付けたような派手なものではダメなんだな。

     

     

     

    今年も近所の高麗神社にてご祈祷していただき新しい御札を頂戴いたしました。

    残念ながら都合が合わず木魂式には今年は出席できず。

    IMG_9638.JPG

     

     

     

     

     

     

    どうか本年も安全に仕事に励めますように。

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM