<< お蕎麦屋さんの庭。 施工編。 | main |
2019.01.08 Tuesday

お蕎麦屋さんの庭。 完了。

0

     

    お蕎麦屋さんの庭、完了いたしました。

     

    施工中のブログは→http://oyakata.zoen-arai.com/?eid=192

     

     

    IMG_2808.JPG

    極上の料理と蕎麦を食べに来た人の、気分を盛り上げる装置としての庭。です。

     

    IMG_2763.JPG

    ダイスギはあえて幾何学的に、等間隔に植えています。

    その間から実生で生えたモミジが奔放に枝を伸ばして・・・そんなイメージです。

     

    IMG_2766.JPG

    こちらのお店で食べることができる洗練された料理に影響を受け、

    植栽する樹木・下草の種類はできるだけ減らしました。

     

    IMG_2767.JPG

    見返りの景。

     

    従業員用の通用口。日々の打ち水やメンテナンスがしやすいように。こういうところ大事です。

     

    IMG_2768.JPG

    原生林でも里山でもなく、

    山間部の人里の。

    自然の中で、暮らしの中にある「ニワ」。の景色を表現したくて。

     

     

    IMG_2809.JPG

    「切らぬウメ」

     

    IMG_2824.JPG

    「井戸の脇にウメを植えると井戸水が美味しくなる。」

    ウメの枝を伝った雨が井戸に落ちると井戸水が美味しくなるらしい。

    なんの科学的根拠もない言い伝えですが、井戸の脇の木と言えばやはりウメが一番です(独断と偏見)

     

    IMG_2823.JPG

     

    IMG_2827.JPG

    清らかな水がこんこんと湧き出ています。(もちろん本当は水道水でポンプで循環しています。)

     

    IMG_2774.JPG

    竹垣の間に普通あるべきはずの柱が見えません。リズムが生まれないので時間が止まっているかのような感覚になります。

    造園あら井オリジナルの竹垣です。

     

    IMG_2781.JPG

     

    ここでお庭はおしまい。

    この景色の向かいに暖簾があります。

    暖簾をくぐり、店内に入っていだくと、窓の外にパァーッと広がる景色があります。

    それは、来店してからのお楽しみということで。

     

    竹垣が高く周りの景色を遮断する理由もそこにあります。

     

     

     

    蕎麦料理 すみや

    埼玉県入間郡毛呂山町大類604-5

     

     

     

    ご来店お待ちしております。

     

     

     

    施工中のブログは→http://oyakata.zoen-arai.com/?eid=192

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM