<< 奇をてらった庭。 | main |
2019.05.22 Wednesday

庭は芸術か。

0

     

     

    ここ最近に行った展覧会で楽しかったものを。

     

    IMG_5455.JPG

    ミュシャ展。

    写真撮影OKな展覧会が増えました。

     

    IMG_5482.JPG

    ここでも。

    インスタが展覧会のあり方を変えてしまいましたね〜

     

     

    IMG_5501.JPG

    ところで草間彌生さんは発明家だし商売上手だと思う。(独断と偏見です)

     

     

    日本一稼いでいる現代アーティスト。村上隆氏はただの商売人ではないと思います。

    先日トークショー拝聴しました。お金の話ばっかりされていましたけどね。

    数多くのスタッフをかかえ、大きな仕事を取ってきては仕上げて売っていく。お殿様もお公家様もいないこの現代でそれをやっているというのがアートなんだな。

     

     

     

    IMG_8557.JPG

    安藤忠雄展 「挑戦」

    安藤忠雄さんの建築が好きです。特に初期の。

    装飾を限りなく減らし構成だけで勝負している潔さ。その哲学。日本的なもの。

    かなり影響を受けてしまいました。

    僕の提案する庭に、その影響が出ていると思うのですが、いかがでしょう。。。

     

     

     

    IMG_3437.JPG

     

    IMG_8518.JPG

    建築の日本 展。

    日本の家 展。

     

    造園屋・庭屋・庭師が集まると「庭は天然素材だけで作るべき」「コンクリートみたいなケミカルなものはできるだけ使うもんじゃない」

    皆、口を揃えてそんなことを言う。

    その脇で僕はずっと肩身の狭い思いをしていたのですが、この二つの展覧会を観に行ってからは、堂々としていればいいのかなと気持ちが切り替わりました。

    「コンクリートはナチュラルな素材なんだよ。」

     

     

     

     

    IMG_6484.JPG

    インポッシブル・アーキテクチャー 展

     

    一番最後の展示ブース。

    なぜザハ・ハディド氏の新国立競技場が着工目前で白紙になってしまったのか。

    役人と国民への痛烈な批判。しかと受け止めました。

    そもそも何でそれどころではない今、東京オリンピックなんてやるの?と思っている僕みたいな人間が数多くいるからいけませんね。

     

    IMG_3462.JPG

    縄文展

     

    「ニッポンの、美の原点。」って書いてありますが、

    もう原点過ぎて共感できません。

    例えば飛鳥時代の服装とか建築デザインの美意識は共感できるけど、縄文土器や土偶のデザインは全く異質。

    縄文人の美意識。火炎土器の炎の表現。土偶の抽象的人物表現。現代のどんなアートも敵わないくらいの破壊力を持っている。

    それらを目の当たりにした時のこの気分は最高のアート体験ですよ。

     

     

    IMG_4524.JPG

    鴻池朋子

    「ハンターギャザラー」展

    秋田県立近代美術館。

    オープニングセレモニーの招待状をいただきましたので、行ってきました。秋田まで弾丸で。

    IMG_4541.JPG

    新作の大作。の一部。

     

    IMG_4550.JPG

    旧作の皮緞帳の大作。さらに手が加えられて。

     

    展示会場はランドスケープでした。

    歩くことで変わる景色。隠れていたものが見えたり。明るくなったり暗くなったり。上から俯瞰したり、潜ったり。

    奥羽山脈を取り込んだり。

    ただ作品を並べるだけではない展示方法。さすがです。

     

    地球の誕生。躍動する動物たちの身体。古代人の神様に捧げる儀式。地球上で起こり続ける生きると死ぬの営みの瞬間瞬間をタイムワープしながら覗いてきた。そんな気分。楽しかった。

     

    ハンターギャザラー。狩猟採集民という意味だそうで。

    昔も今も、これから先の未来も、テクノロジーがどんなに発達しても人は自然から狩猟採集しなければ生きていけないのは変わらない。

    自然の恵み。尊さ。一方で時として起こる容赦のない無慈悲な自然災害。自然への畏れ。

    僕も庭でそんなことを表現できたらな。ただ美しいだけの庭ではなく。

     

     

    IMG_6530.JPG

    フィリップス・コレクション 展

     

    この展覧会で特に印象に残ったのは、空の色彩。それぞれの作家の表現方法は違えども。それを観て湧き上がる共通の感情。

    何とも言えないピンクのような、オレンジのような、陽が傾き始めた空の色。それに照らされた町並み。

    僕の家の近くの山の斜面に造成された住宅街でも1度か2度か、同じような色彩の光景に遭遇したことがあります。

    あの空の色を、地中海では日々見ることができるのだろうか。

    強烈に憧れる。行ってみたいなー

     

    印象派の絵は良いですね。

    肌の色を肌色(今の絵の具では肌色というのは無いらしいですが)で塗らずに時には青や黒で塗ってしまうのが良い。

     

    庭作りも印象派と同じような行為です。

    自然の景色。それを忠実に庭に再現したものは「庭」ではないんです(そもそも人間が自然の造形を忠実に再現できっこありませんが)。

    自然に触れた時の感動を人間のフィルターを通して、再構成し限られた土地に表現する。しかもデザインだけでなく庭の使い勝手も考えて。メンテナンスできる範囲で。

    庭作りは難しい。

    庭は、アートにはなれない。

     

     

     

    僕のアイドル。

    アリス=紗良・オット。

    そのリサイタルへ。

    IMG_4577.JPG

     

    アンコールに何度も応えた後、疲れていたでしょうにサイン会を開いていただいて。

    IMG_4591.JPG

    天使過ぎるにもほどがある。

    IMG_4594.JPG

    IMG_4596.JPG

     

     

    その様子をインスタに投稿したら・・・

    IMG_5746.PNG

     

     

    アリスさん本人から「いいね!」いただきました!!!!!

     

    IMG_5745.PNG

     

    ピアノはもともとピアノフォルテという名前の楽器だったそうです。

    弱音から大きい音まで鳴らすことができる楽器。だからピアノフォルテ。

    発明された当時としては画期的な鍵盤楽器だったそうです。

    しかしなぜ今はピアノと呼ぶのか。

    それは、より美しい弱音が鳴らせる楽器だからなんじゃないかなー。と勝手に思っています。

    そしてその弱音の表現力こそピアノの上手下手を決める重要な基準だと思っています。

    アリス=紗良・オットさんのピアノは弱音の響きが極めて繊細で美しい・・・

     

     

     

    ピアノ教室通い始めて4年。

    やはりガチのクラシックが弾きたくなってしまいまして。

     

    クラシック弾けるようになるには兎にも角にも「ツェルニー」をやっつけないといけないとのことなので。始めました。

    1番〜100番まであるので道のりは長く苦しい。死ぬまでに終えられるのか?

     

    プラス発表会に向けて。

    ベートーベンの「悲愴 第二楽章」練習中です。

     

    今のところ、ただ弾くだけならなんとか弾けますが、人を感動させるには程遠い。

    どうやって弾いたらいいのか悩んでいます。

     

     

     

     

     

    僕はただの造園屋のオヤジですが、一体どこへ向かっているんでしょうねw

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM