<< 鉄の物干し台 | main | 鴻池朋子 「ちゅうがえり」展 >>
2020.07.05 Sunday

ストロベリーフィールズフォーエバー

0

     

    毛呂山町のいちご狩り農園「じょうもんふぁーむ」様の外構・庭作りです。

     

    作業前

     

     

    IMG_8302.JPG

     

    IMG_8310.JPG

     

    IMG_8307.JPG

     

    作業開始です。

    IMG_8318.JPG

     

     

    IMG_9041.JPG

     

    IMG_6224.JPG

    ホフマンレンガというレンガを使いました。

    歪み、ひび割れ、色。表面には釉薬が付着していたりして見た目激しめなやつです。

    一つとして同じものがないというのも面白いれんがです。

    数種類のレンガのサンプルの中からお施主様に選んでいただきました。

     

    IMG_9042.JPG

    お施主様好みに、敷き方はジャンクに。荒れ地感たっぷりに。

    輪郭と目地はランダム。時にはハンマーで割ったレンガを混ぜつつ遊んでいます。

     

     

    IMG_9445.JPG

    こちらのイチゴ狩り農園。FM79.5の「ゴゴモンズ」が2度取材に来たらしいです。

    お施主様にNACK5ステッカーを横流ししていただきテンションが上がる。テンションの上がらない埼玉民はいないでしょう!

     

    IMG_9488 (1).JPG

    植栽が始まりました。

    今回の、、、高木はシラカバ一択です。

     

    IMG_9508.JPG

    シラカバ。良いですね〜

    ハッとするような幹の白さから「高原の貴公子」と形容されるシラカバです。

    寿命が短く(長くても70年ほど?)古くなると特に虫に入られやすいとのこと。移植もやや難しいので造園屋的にはできれば扱いたくない樹種ではあります。

    しかし美人薄命というか儚いからこそ美しいという日本的な価値観でもって見ればそのような点も一気に色気を帯びてくる。

    そんなシラカバですが真逆の側面もあります。

    例えば高原の山火事・土砂崩れ等で裸になった土地に真っ先に生え揃い森を形成するのはシラカバです。

    そういった植物をパイオニアプランツ(先駆者植物)と呼ぶらしいです。

    ナリは貴公子。しかもやることは大胆でしたたかなんて男の僕から見ても惚れてまうやろ。

    ちなみに今回植えさせていただいたのはシラカバでもジャクモンティという品種で高原でなくても平地でも生きていけるもの。また普通のシラカバはある程度年数を経ないと幹が白くならないけどこちらは若木のうちから幹が白くなる。というもの。

    品種は違えどもやはりシラカバですからね。シンボルツリーで1本植えるというのではなくて、複数本を組んで植えて白樺林にするのがシラカバらしくて良いと思います。

     

     

     

    ・・・ある材料が手に入らなくて工事が停滞。

     

    ここぞとばかりにできた時間を利用して森美術館「未来と芸術展」へ行ってきました。

     

    IMG_0120.JPG

     

     

     

     

    IMG_0012.JPG

     

    IMG_0294.JPG

    様々な分野の「未来」を提唱する展示群。その中でもやはり僕は造園屋なのでこれからの緑あふれる都市の在り方とその緑化技術に興味があります。

     

    IMG_9666.JPG

    仲間の応援に行ったり。

     

    IMG_0807.JPG

    講演会聴きに行ったり。

     

    IMG_0944.JPG

    京都時代の先輩に呼んでいただき北海道へ。

     

    IMG_1086.JPG

    富裕層のインバウンド向けホテルの、室内の茶庭工事のお手伝いをさせていただいたり。

     

    IMG_1158.JPG

    多くの刺激を受け・・・

     

     

     

    工事再開。

     

    IMG_0909.JPG

    やっと材料(枕木)が手に入りました。

    これはいちご狩りに来られたお客様が待つスペースです。夏はいちごシャーベットを売るのでイートインスペースとしても利用できます。

     

     

    低木を植栽しグリ石を撒いて工事完了です。

    IMG_3067.JPG

     

    IMG_3099.JPG

     

    IMG_2792.JPG

    いちご狩りのシーズンはおおよそ1月〜5月です。

     

    IMG_2818.JPG

    その時期(冬)に照準を合わせ植物を選び植栽させていただきました。

     

    IMG_2809.JPG

    冬に無数の花を付けるジャノメエリカ

     

    IMG_2828.JPG

    シラカバは葉がなくても幹が綺麗。冬空に映えます。

     

    IMG_2939.JPG

    グラス類は常緑のものを。

     

    IMG_2889.JPG

    まだ小さいですが年内にそれぞれが3倍以上の大きさになります。

     

    IMG_2939.JPG

    花が咲き、冬にはドライフラワーになる草花も仕掛けています。

    想像してください。アンティークのようになったドライフラワーが冬の霜にあたってキラキラ輝くのを。

    それは来冬のお楽しみですね。

     

    IMG_2897.JPG

    これはお施主様の自作の看板。ナイスセンスです!

     

     

    そしてやはりパイオニアプランツのシラカバには荒れ地が似合う。

     

     

     

    春が訪れて新芽が吹いてきました。

    冬に照準を合わせて作ったお庭ですが、冬以外もイイ感じになりそうです。

     

    それぞれの植物の成長が楽しみなのはもちろん。

    シラカバが植えられていますので、それぞれの植物の盛者必衰の変遷も楽しみです。

     

    IMG_4624.JPG

     

    いちご畑よ永遠に・・・

     

     

     

     

     

     

    じょうもんふぁーむ

    http://www.ichigonomori-akazukin.com/joumonfarm

     

    いちご狩りはだいたい1月〜5月まで。大人気なので予約必須です。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM