<< 小さなパーティーのできるガーデンリビング。完成。 | main | 手入れ三昧の日々 >>
2012.11.01 Thursday

野鳥とゴルフの庭。工事完了。

0
     
    Garden Design Team 「Mix Juice!」のプロジェクト第2弾。

    「野鳥の集う庭、ゴルフの練習ができる庭」造園工事完了しました。


    DSC_9301.JPG
    玄関前の景色。山の木(ミツバツツジ・ソヨゴ)がお出迎え。



    DSC_9300.JPG
    ふと玄関脇に目をやると石畳。
    ん?奥に何かある?


    DSC_9307.JPG
    板石に誘われるように歩みを進めていくと・・・



    DSC_9308.JPG
    お庭だ!気持ちいい〜!

    ・・・・・訪れる人がそんな風に感じていただければありがたい。




    DSC_9312.JPG
    植木の足元にはあまり下草を植えずに。いかつい庭石を入れずに。
    スカッと単純明快で軽やかな雰囲気を目指して作りました。



    DSC_9375.JPG
    緩やかなカーブを描いて積んだ黒保根石の野面積み。
    高さも抑え気味に設定しました。



    DSC_9384.JPG
    植木の足元には「シェード供廚箸い芝を貼っています。
    一般的に貼られているコウライシバやノシバは日向でなければ健やかに育ちません。しかしこちらの芝は日陰でも育つという画期的な芝生なんです。
    奥さん!これは革命ですよ!



    DSC_9320.JPG
    バードバス周りの景色。
    家のリビングからはこの景色が眺められるようになっています。
    冬、リビングに居ながらにして小鳥たちがこのバードバスで遊ぶ姿を観察することができるのです。楽しそう〜。
    ちなみにこのお宅の周辺は自然が大変豊かなので工事中にも様々な鳥の鳴き声を確認することができました。どんな姿をしているのか僕も見てみたい。



    DSC_9326.JPG
    筧はウッドフェンスを作るときに出た残材を加工し、銅管を付けて作りました。
    水の勢いはコントロールできます。排水ももちろんバッチリです。



    DSC_9367.JPG
    バードバス(立ち手水鉢)の足元に下草を添えて。

    実はこの立ち手水鉢、京都の古材なんです。群峰園が過去にたまたま手に入れたものを今回使いました。


    DSC_9335.JPG
    ウッドフェンスの手前のアンジュレーションはゴルフのグリーンをイメージしています。
    フェアウェイから打ってグリーンにのせる練習がこのお庭でできるのではないでしょうか?
    (僕ゴルフできないから詳しく分からないんだけれども)



    DSC_9366.JPG
    お庭全体で一連の「気」の流れが生まれるように。その「気」が心地良く感じられるように植栽しました。
    植栽樹木はイロハモミジ・ヤマモミジ・エゴ・コハウチワカエデ・ジューンベリー・ヤマボウシ・シャクナゲ・ダンコウイバイ・カルミヤ・ソヨゴ等々。
    モチノキ・ノムラモミジ・ツバキ・ヒサカキ・アジサイ等は既存のものを移植しました。

    ただ一列に並べて植えるのではなく、それぞれの木の赴くままに、補い合うように、風情を感じられるように注意して植栽しました。そうやって植栽することを「木を組む」といいます。この植栽は今回の工事の中で一番悩んだ部分でもあり、一番見てほしい部分でもあります。

    「木を組む」。それは造園屋の永遠のテーマかもしれません。



    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM