<< チンズバーガーマーケット! | main | 草屋根の自転車置き場 >>
2013.05.22 Wednesday

第15回 国際バラとガーデニングショウ

0
    第15回 国際バラとガーデニングショウです。
    このショーの中でガーデンコンテストがあります。
    昨年は僕も仲間と組んで出展しました。
    今年は僕のお客様でもあるガーデナー「工房TOMIの庭」の協力業者として参加させていただきました。

    DSC_2255.JPG
    6m×4mの指定されたスペースにお庭を作ります。

    DSC_2261.JPG
    いきなり完成の写真。
    作業は2日間と半日だけです。早朝から深夜まで作業します。なかなか大変です。
    段取り良く、休憩もほどほどにテキパキ動かないと時間内に完成することはできません。

    DSC_2266.JPG
    大人の休日の、ちょっと贅沢なひと時。そんなコンセプト。
    この大人な雰囲気ムンムンの植栽は、マダムなTOMIさんだからこそ。
    (ちなみに奨励賞を頂きました。)

    植栽ってほんとに面白いです。

    大小合わせて48あるコンテストガーデンを端から端まで見て、それぞれ作った方のお話を伺って思うのは、植える人の人格というか人柄がそのまま植栽に出る。ということ。


    DSC_2277.JPG


    DSC_2292.JPG


    DSC_2296.JPG


    DSC_2301.JPG





    DSC_2308.JPG


    DSC_2312.JPG


    DSC_2377.JPG


    DSC_2396.JPG


    DSC_2282.JPG





    千差万別・多種多様ある植物の組み合わせ。
    扱う人によって庭に漂う空気はこんなにもガラリと変わる。面白いなぁ〜。

    修行時代に親方が「庭は人なり」と仰っていたのを思い出しました。
    こういうことなのかも。


    ところで僕がこのショーで一番感銘を受けたのは、神田隆先生が作ったテーマガーデン「ターシャ・テューダーの庭」のこの部分でした。
    DSC_2419.JPG
    野の花の小径。両脇には春の草花が咲いていました。
    春の草花って、色も形もフワッとしていてやさしくて。春の穏やかな陽気を体現しているかのようです。

    よく見ると田畑の畦道なんかに普通に生える雑草がたくさん植え込まれていました。
    クローバー・ヒメジョオン・ヒメオドリコソウ・イヌノフグリ
    園芸植物に混じってこれらの雑草が植えられているからこそ、このような穏やかな雰囲気を作ることができるのだと思います。

    勉強になりました。
    これからはね、どんどん雑草を活かしていこうと思います。
    近い将来、雑草が雑草ではなくなる時代がきますよ。



    DSC_2444.JPG
    神田隆先生。ショー初日には自らこのお庭についての解説と思いを講演しておられました。
    目からウロコなお話がいっぱいで、僕はすっかりファンになってしまいました。
    お話の中で何度も登場した群馬県片品村の神田先生主宰の「エコロビレッジ」、是非お訪ねしたいです!





    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM