| main | 古民家の廃材を再利用し柵を作る >>
2011.02.25 Friday

坪庭作り

0
     
    和室(客間)に接する敷地を坪庭に作り変える工事です。

    敷地は北側です。また、狭いので植えられる植物は限定されます。


    敷地は納屋への通り道でもあります。


    現場は石だらけの赤土。水はけが悪く雨が降るとプール状態になってしまいますので透水パイプを埋設しました。雨水はこのパイプを通って敷地外へ放出されます。


    で、いきなり作業後の写真。
    すいません。作業中の写真は無我夢中で撮ることができませんでした (^^;


    江州御影石の手水鉢です。
    手水鉢の周りには日陰でも生きていけるキチジョウソウ・フッキソウ・シュンラン・クチナシ・ギボウシなどを添えました。
    手水鉢の反対側にはモミジを植えました。ブロック塀沿いに植えたサザンカもそうですが、もう少し大きく茂ったら坪庭の完成です。


    本来の形式では庭にあるべき「沓脱ぎ石」「犬走り」「つくばいの役石」は省略し、シンプルにしました。(予算の関係もありますが・・・)
    特に、犬走りを省略して家の際まで砂利敷きにすると、庭は広く見えます。京都の坪庭でもよく使われる手法です。
    ちなみに砂利は安曇川砂利を使っています。京都御所にしかれている砂利と一緒です。


    また後日、普通の障子戸だったものを「雪見障子」に換えていただきました。視線を限定させることで坪庭はさらに色気を増します。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM