<< 弾丸ツアー 京都編 「無鄰庵」 | main | 【求人】造園業の一人親方・アルバイトの募集 >>
2013.07.31 Wednesday

お盆前のお庭手入れ

0

    こんばんみ。造園あら井の新井です。
    ここ最近は、お盆前のお庭のお手入れに駆け回る毎日です。
    土日関係なく。雨も関係なく。休みなく働きまくっています。

    日本人ですからね。身の周りを綺麗にしてお盆を迎えたいと考える人が多いようです。
    良い習慣です。


    ところで庭木のお手入れといっても、
    DSC_3291.JPG
    時にはカシの高生垣を

    DSC_3293.JPG
    縮めたりもします。

    DSC_3372.JPG
    大きくなり過ぎた木を

    DSC_3381.JPG
    伐採したり(ちゃんとお清めいたしました)
    これもお庭の手入れの一環です。

    一方で、お手入れの合間に造園工事も始まりました。
    ブロックを積んだり
    DSC_3349.JPG

    石を運搬したり
    DSC_3319.JPG

    ウッドデッキを作ったり・・・
    DSC_3437.JPG
    今までウッドデッキといえばウリン材やイペ材を使うことを推奨してきましたが、今回はやめました。べらぼうに価格が高くなってしまうので。
    今回はオリジナルの新しい工法でやっています。
    柱を、コンクリートと御影石で作れば腐らないじゃん。という単純な発想から考えた工法。
    床板はヒノキを使いますがそれ以外の柱や、そして根太も腐らない素材で作ります。
    床板のヒノキは10年ほど経つと腐ってきます。そしたら新しい材に貼り替えればいい。
    土台をしっかり作っておけば簡単に貼り替えられます。
    最初の施工費と張り替える費用を合わせても総ウリンや総イペ製のデッキに比べて安いです。
    ちなみに肌触りはヒノキの方が断然良いです。
    ウリンやイペは細かくササクレるので素足で歩くと痛いです。堅いし。
    地球の反対側からエネルギーと時間を使って木材を運ばなくても近所の飯能・秩父で「西川材」という良い木材を生産しているのだから。できればそちらを使った方が良いとも思うのです。

    リフォームとの兼ね合いで工事は一時ストップしますが乞うご期待です。



    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM