2016.02.11 Thursday

フジコヘミング フランク・ゲーリー 村上隆

0
    日曜日のこと。


    どういう風の吹き回しか。嫁さんにモスクワ国立交響楽団とフジコヘミングのコンサートのチケットを貰ったので一人で行ってきました。
    東京オペラシティです。



    モーツァルトとかリストとかチャイコフスキーとか。
    下は追加曲。
    DCF00535.JPG

    クラシックのコンサートなんて高校生だったか中学生だったかの学校行事以来です。
    最初から最後まで気持ち良くぐっすり眠れたという記憶しかありません。大人になりクラシックを聴いたり自分もピアノ教室に通うようになると良いなぁって思えるようになりました。

    感動してコンサート後、フジコヘミングのCDを衝動買いしてしまい。でもそれがスタジオ収録盤で。

    コンサート収録盤にしておけばよかった。




    ついでにフランク・ゲーリー展へも。
    DCF00526.JPG




    かなり面白かったです。
    長文になりそうだしだいたい僕の文章力では伝えられないので何も書きません。
    もっと知りたくて、高めの本を1冊買ってしまった。



    ついでのついで。村上隆の五百羅漢図展へも行き。DCF00540.JPG


    DCF00544.JPG

    思いがけず楽しめました。

    それにしてもなぜ村上隆は嫌われるんですかね。
    日本のオタクが築いてきたアニメ文化を横からかっさらって世界に売りぼろ儲けしているから。ほとんど絵はスタッフに描かせているから。日本人がもつ「芸術家とはこうあるべき」みたいなイメージとかけ離れているから。立ち振る舞いが偉そうだから。
    オリジナルじゃないから。

    でも真のオリジナルって世の中にそんなにあるもんじゃないと思うし。そもそもオリジナルにこだわることもないのかも。でも
    この数時間前に観たフランク・ゲーリーはオリジナルだと言える。天才とはああいった人のことを指すのだと。だから
    思いがけず楽しめる。って、それで十分じゃないでしょうか。
    なぜ展覧会やコンサートに行くのかと言えば日々の単調な生活の中で非現実的な体験をしたいから。それは村上隆の言葉なんですけどね。激しく同意する。

    庭も同じことだと気づかされました。
    庭は非現実体験。自分の家の庭先の、人工の雑木林。繁った植木の根元に据えた水鉢に、野鳥がやってきて水浴びをしてピィと鳴く。それを家のリビングからパンを食べながら眺めることができる。
    それってやっぱり。でしょ。それだけじゃないけどね。

    何を見ても聞いても結局庭の話に行き着いてしまいます。
    そしてまとまらない考え。

    寝よう。


     
    2016.01.18 Monday

    新年

    0


      新年あけましておめでとうございます。

      本年もよろしくお願いいたします。




      いきなりわたくしごとですが。
      今年の目標はズバリ。アルコールを控えることです。
      週末、しかも土曜日しか飲まないことにしました。

      今まではもちろん毎晩晩酌。おかずを食べながらビール→ハイボール→日本酒のルーティン。
      食後1時間ほど酩酊しながらピアノの練習をして、酔いが醒めてきたら深夜2時までデスクワークという毎日でした。

      昨年秋に受けた人間ドッグで肝臓の評価がすこぶる悪かったから。
      年末年始に飲む機会が多くイマイチ調子がすぐれないから。なんて理由じゃないです。
      デスクワークの効率をあげるためにです。
      そうやって作った時間でもっと本を読みたいなぁって。

      こう見えて20代の頃の趣味はズバリ読書だったんですけどね・・・


      平日のお酒をやめてみて2週間経ちました。
      仕事はやっぱりはかどります。そして意外とアルコールを我慢するストレスは感じていません。

      まだ本は読めていませんが。

      これからですかね。

      それにしても15分で晩ご飯が終わってしまうのが味気ない!





      151215-005.JPG
      竹林とストーブの上のやかんの音を聞きながら夜な夜な事務所にこもっています。
      151214-002.JPG





      お正月、造園修行中にお世話になった先輩から電話があり。

      先月僕が書いたブログの中で「京都の植木屋さんはワラビデは使いません。剪定バサミとノコギリだけ腰にぶら下げてます。」と言い切ったのですがその内容についてお叱りを受けました。
      「お前にもっとちゃんと教えておけばよかった。」
      「ちゃんと剪定して育てた木は枝が暴れないからワラビデだけで剪定できるもんや。」
      「剪定バサミが海外から入ってきて切り方が変わってしもうたんや。」
      「昔はワラビデで剪定できないような木に育ててしまったらよその植木屋から笑われた。」


      ワラビデとノコギリ。それだけ腰にぶら下げて剪定できる日が来るように。
      まだまだ、まだまだです。


      30代も半ばになると叱ってくれる人がいなくなってくるのでありがたいです!






       
      2015.09.01 Tuesday

      summer

      0

        2015年 夏。

        「summer」にのせて。




        おなじみになりました。家の近所の河原でBBQ。
        150719-001.JPG

        キャンプ





        高崎祭り
        150801-001.JPG

        のとじま水族館


        和倉温泉 のと楽
        150818-001.JPG

        千里浜海水浴場


        150819-001.JPG

        金沢駅
        150820-001.JPG


        一週間の福井出張も夏休みの延長って感じだったなー
        150828-001.JPG

        帰り道、足を延ばして藤森照信先生の新作をチェック。


        ミホミュージアムもチェック!
        150830-002.JPG


        一気に秋めいてきた。

        今度は秋を楽しもう。



         
        2015.05.06 Wednesday

        ネパール地震

        0

          今から9年前だったと思う。ネパール・インド北部を旅したのは。
          カトマンズから入って、インドビザを取り、汽車とバスで移動、リキシャで国境を越えてダージリン・カルカッタ・バラナシ・ブッダガヤを巡った後再び陸路でネパールに入りポカラで沈没・・・。
          24歳の冬。京都での造園修行に挫折した僕は何を思ったのか旅をしていた。

          関空からのフライト前、帰ってきたら僕はどうしよう?
          深夜のベンチに座りながら考えていた。

          カトマンズに到着し、旅がはじまるとそんなクヨクヨした悩みはどこかへいってしまった。
          歩いて、歩いて、歩いて。長距離バスや汽車に何日も揺られ。喧騒と土埃にまみれて。安宿を転々とし。時には体調を壊し寝込んだり。

          淡々と日々を過ごしているうちに。そのうちに忘れてしまった。
          いつしか「仕事がしたい!日本に帰ってもう一度庭の仕事がしたい!」そう強く思うようになりました。

          「自分探しの旅」なんてカッコイイもんじゃないんです。
          ネパール・インドへ長期間行ったことのある人なら分かるはず。
          インフラの何もかもが汚い。ご飯は何を食べてもマズイ。人は基本的に親切なんだけどかなりウザい!!しかも大勢でやってくる。
          帰国直後はもう2度とあんな国行くものかと周囲に言っていましたが、何ででしょう。
          しばらく経つともう一度行ってみたくてしょうがないんです。
          (もうそれは叶わないでしょうが)

          カトマンズの写真。
          IMGP0215.JPG
          お腹をこわした僕はこの子の家のトイレを借りた。

          IMGP0227 (2).JPG
          写真撮ってとせがまれて。

          IMGP0243.JPG
          スワヤンブナートのサル。

          IMGP0247.JPG
          この頃からすでに工事現場を見るのは好きだった。

          IMGP0250.JPG
          砂岩系がメイン。

          IMGP0292 (2).JPG
          工事はテキトーです。

          IMGP0307 (2).JPG
          日本よりも美人が多いです。

          IMGP0318.JPG
          ダルバール広場を案内してくれた人。

          IMGP0322 (2).JPG
          現地の人・・・じゃなくて当時の僕です。

          IMGP0344 (2).JPG
          足場は竹。そしてサンダル。途上国の安全管理なんてそんなもん。

          IMGP0352 (2).JPG
          日本語しゃべれる人。すごい絡まれた。

          IMGP0377.JPG
          大変貧しい子供。子供だけで生活をしている。

          IMGP0389.JPG
          曼荼羅描く人。

          IMGP0297 (2).JPG


          ネパール地震の被害が報道されています。
          多数の犠牲者が出ているようです。
          写真に写っている住宅。世界文化遺産の建築群はガレキの山になってしまったらしいです。

          悲しい。
          飛んで行って復興の手助けができればそれが一番いいのでしょうが、今は無理。
          3・11の際、糸井重里さんが「一人一人が給料の一日分を募金してみては」と提唱していたことを思い出したのでとりあえずではありますがそうしようと思います。
           
          2015.03.28 Saturday

          ピアノの購入。

          0

            長女とピアノ教室に通い始めて1か月。
            ついにピアノを手に入れました。

            DSC_7841.JPG
            カッコイイ・・・。
            ほとんど一目惚れで購入したピアノ。
            DSC_7843.JPG
            30年前に作られたカワイのピアノです。
            30年前だから、ほぼハンドメイド。しかも使われている材料(特に木材)は現代に作られるピアノよりも良いらしいです。
            DSC_7844.JPG
            ヤマハに押されていたカワイが、海外向けに社運をかけて細部にまでこだわりぬいて作ったモデル。
            (しかし的がはずれてあまり売れなかったらしい。)
            (だから現在、銀行管理なんだとか。)

            DSC_7856.JPG
            高さが低く、直線的なデザイン。
            やっぱカッコイイ。思わず弾きたくなります。
            コンパクトですが、家で弾くには十分すぎるほど鳴ってくれます。
            DSC_7845.JPG
            装飾はあってもシンプルでシュッとしててすごく良い。

            DSC_7849.JPG
            中身もとても綺麗。
            メンテナンスをちゃんとすればあと30年以上使えるとのことです。
            DSC_7855.JPG
            このピアノ、だいたいお給料1か月分(?)のお値段でした。
            こんなに緻密な仕事がしてあるのに、僕は安いと思う。

            DCF00087.JPG
            「昭和楽器」で購入しました。
            優秀なピアノ職人さんが多数在籍していることで知られています。
            そんなお店が僕の家から近い場所にあるってラッキー。
            ピアノって、メンテナンスが重要だからです。(お庭も一緒です!)
            ピアノを購入する際、「ピアノではなく職人で選べ」と言う人もいるくらいです。(お庭も一緒です!!)
            購入までに2回お店に足を運びました。その都度担当の職人さんはピアノに関する様々な知識を時間をかけて教えてくれました。
            その職人さんの、ピアノへの愛を感じました。
            畑は違えども同じ「職人」として扱っている商品への気持ちやお客様への対応など見習いたい部分がたくさんありました。
            こちらの職人さんとはこれからもお付き合いさせていただきたいです。



             
            2014.12.01 Monday

            感受性

            0

              高倉健さんが亡くなり、生前のインタビューや、偲ぶ企画番組が一時放送されていました。
              その中で健さんが「俳優業は感受性が大事」と言っていたことがずっと頭の中に残っていて。

              植木屋の仕事も同じだと思うんです。
              だから努めて音楽を聴いたり美術館へ足を運んだり、名園と呼ばれるお庭を見に行ったり。
              特に、山や海へ出かけて行って景色を見ることを大事にしています。

              人間は自然の造形や営みを美しいと感動する生き物です。
              僕が、いつかの山や海で見た景色。その時に覚えた感動をお庭の中で再現できたら。そしてお施主さんに喜んでもらえたら。
              それを原動力に仕事をしています。

              木を一本、下草を一株植えるにしても自然の形はどうなっていたか思い出しながら植えます。
              石も何気なく。時には雨に洗われて土から露出したように。時には川の流れに押され転がり、行き着くとこまで行って止まったように。
              土の盛り上がり方とか。削れ方とか。
              自然の造形が心底美しいと思うからそれをお手本にします。

              といっても自然の景色をそのまま切り取って庭に持ってくるのは「庭」ではなくて。
              自然を再現するといってもあくまでも抽象的に。そしてその中に人工物もちゃんと入れて機能を持たせたものを「庭」なのだと。しかも建物に合っていたらもっと良い。管理しやすければなお最高。

              名園と呼ばれるお庭を見に行けばやっぱりそうだと確信するし、とても勉強になります。そのお庭に手をかけている職人さんの仕事に感動します。憧れて、一歩でも近づきたいと思うから今もいつまでも僕は修行中だと思っています。
              それも感受性。


              雨が多かった気のする11月が終わり今年も残すところあと1か月。頑張ろう。






               
              2014.10.06 Monday

              タニタ食堂。 石川県。

              0

                少し前に、「タニタ食堂」というのが流行りました。
                ヘルスメーターメーカーのタニタの社員食堂で食べられるご飯がヘルシーで美味しいと、マスコミに取り上げられたり本が何冊も出版されたりしました。

                そのタニタの社長とお話をしたことがあります。
                今から十数年前。高校を卒業してすぐの春休み。一人で、祖母やいとこに会いに石川県へ旅行した時のことです。
                上越新幹線を降り、越後湯沢発の「はくたか」に乗った時のこと。僕の席の隣がタニタの社長でした。
                兄弟と石川県へ旅行する道中とのこと。(とても兄弟が多かった!)
                当時、マルチナヒンギスが自分の手に持っているテニスボールにいきなりかぶりつくというCMがTVで流れていて、インパクトがあったのでタニタという会社の名前だけは知っていました。

                当時の僕は、進路は決まっていたもののとにかく不真面目で遊ぶことばかり考えていて。少し口を開けばその愚かさを露呈していたと思います。
                そんなク◌ガキの僕に、社長は車中2時間以上も様々な話をしてくれました。

                社長「君の特技は何かね?」
                僕「ギターを弾きます。ツェッペリンなんかを演るんです。」
                社長「ふーん。もし君が海外へ行った時に、それじゃ誰も見向きもしないよ。僕だったら津軽三味線でそれを弾く。そうすれば外国の人は面白がって聴いてくれる。相手にしてくれる。」
                僕「はあ。」
                社長「君は日本人だろ?それをよく考えたほうがいい。」
                僕「はい。」
                社長「別に英語なんてしゃべれなくていいんだよ。」「君が特別な何かを持っているのであれば優秀な通訳を雇えばいいだけのことなのだから。」


                そんな感じの会話をしたのを覚えています。それくらいしか覚えていないけど、面白がって延々と社長の話を聞いていました。

                社長が言いたかったのは、「ニッポンの文化サイコ〜」ということではなく。
                一生懸命やっていても皆と同じ内容では誰も興味を持ってもらえない。話を聞いてもらえないよ。ということなのだと。
                世界に打って出るならもっと工夫しなさいよ。ということなのだと。

                スケールでかいし当時の僕には意味をよく理解できなかった。でも、今の僕ならよーく分かる。痛いほど。


                そんな考え方の社長のいる会社だから、世界一のヘルスメーターやタニタ食堂やインパクトのあるCMを生み出せるのかもしれません。
                僕ももっと早くに気づいていれば、こんなに遠回りな人生じゃなかったかもなー。なんて。十数年ぶりの「はくたか」に揺られながらそんなことを考えていました。


                ちなみに今回は、嫁さんと子供2人と一緒です。
                DSC_6745.JPG




                で、金沢に到着。
                DSC_6777.JPG
                今回は僕の祖母と、嫁さんの祖父に会いに行く旅行です。

                2014.09.22 Monday

                曼珠沙華まつり

                0

                  曼珠沙華まつり。
                  http://www.kinchakuda.com/
                  家からチャリンコにまたがり10分で巾着田に到着。
                  日高市に住んで4年目ですが初めて行きました。

                  曼珠沙華 まつり
                  想像してた以上に広い!曼珠沙華のボリューム!

                  DSC_6634.JPG

                  DSC_6643.JPG

                  DSC_6655.JPG
                  良い川が流れてる。(高麗川)

                  DSC_6662.JPG
                  雑木の木漏れ日だけでも気持ちいい。

                  DSC_6674.JPG

                  DSC_6678.JPG
                  妖艶だわ。

                  DSC_6685.JPG
                  陰影礼賛。


                  DSC_6694.JPG
                  素敵な犬飼さんに遭遇。
                  僕もいつか犬を飼いたい。飼うならボルゾイか柴犬と決めています。


                  曼珠沙華も良いですが、併設されていた屋台村もバリエーション豊富で楽しかったです。
                  楽しくて、、ついつい飲み過ぎた。

                  そうそう。従業員はまだまだ募集中です。(http://oyakata.zoen-arai.com/?eid=110


                  2014.09.18 Thursday

                  【求人】 従業員・見習いの募集 【造園工】

                  0

                    現在、「造園あら井」では僕と従業員の2人体制で毎日仕事をしています。
                    忙しいときは応援の職人さんに手伝ってもらいますが、いよいよ仕事をこなしきれなくなりつつあるので、もう一人従業員・見習いを募集したいと思います。

                    業務内容は樹木の剪定・伐採・掃除・草刈り・庭作り・外構工事・ちょっとした土木工事・ちょっとした大工仕事・ちょっとした左官仕事・ちょっとした石仕事です。ブログやホームページから過去の施工事例を見ていただくと分かると思います。

                    25歳くらいまでの方。
                    経験値は問いませんが、とにかくヤル気のある方。
                    仕事を覚えて将来、自分の腕一本でご飯を食べていきたいと思っている方。(じゃないと仕事を覚えられない)
                    要普通自動車運転免許(AT限定不可)
                    茶髪・金髪不可(個人様邸に出入りしているため)

                    埼玉県日高市野々宮の倉庫に集合後、現場へ向かいます。
                    主な現場は埼玉・ときどき東京・群馬です。

                    やってみたいと思う方は簡単な自己紹介・住所・連絡先を記入しメールを下さい。
                    面接後、3か月の試用期間を経て本採用となります。


                    TEL:0120-38-5109 
                    MAIL:info@zoen-arai.com
                    WEB:http://zoen-arai.com
                    2014.09.11 Thursday

                    夏の終わりに

                    0


                      暑さが和らぎホッと一息。一気に秋めいてきた今日このごろ。
                      しかし夏。終わってみれば少し侘しい。





                      DSC_6182.JPG

                      DCF00921.JPG

                      DCF00945.JPG

                      DSC_6225.JPG

                      DSC_6282.JPG

                      DSC_6248.JPG

                      DSC_6349.JPG

                      DSC_6370.JPG

                      DCF00007.JPG

                      DCF00015.JPG

                      DCF00948.JPG

                      今年はいつになく夏を満喫できました。

                      仕事ばかりしてちゃ面白い庭仕事はできなさそう。

                      四君子苑の石とか見てて思うのですー





                       
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM