2014.07.08 Tuesday

操法大会!後記。

0

    日高市消防団消防操法大会。
    結果は、、、散々たるものでした。
    大会が終わり2日経ちますが、未だに審査結果に納得がいっていません。

    憤慨しても仕方がないこと。結果は結果。
    どんなに練習がんばっても、そして本番、上手くいったと思っても結果がついてこないことがある。
    それが現実。

    審査結果は散々だったかもしれないけれども。僕らの操法、今まで練習してきた中で一番速いタイムが出て、そして細かい失敗は確かにあったけれども規律・節度もなかなかよくでき、各番手それぞれが自分自身の操法に満足して終えることができました。
    大会本番を迎えるまでに色々とトラブルはありましたが、最後の最後でチームが、分団が一つになった。そう実感できる操法大会でした。直後に皆で流した涙(うれし涙!)は一生忘れないと思います。

    操法大会は必要・不必要、意見はいろいろあるようです。度を過ぎた練習量は僕も疑問ですが、操法が火事場での消火活動に生かせるのは間違いありません。
    練習での成果をこれからは地域のために生かせたらと思います。


    操作直前。円陣を組んで気合を入れて。
    「行くぞぉっ!!!」「ウォォォォォォォォォ!!!」身震いしました。
    DSC_6040.JPG

    整列。ギャラリーの刺すような視線。心臓バクバク。
    DSC_6041.JPG

    「操作はじめ!」第一線延長。全力ダッシュ!
    DSC_6044.JPG

    「放水はじめ!」
    DSC_6046.JPG

    全力ダッシュで車両に行って帰ってきて「伝達終わり!」
    DSC_6052.JPG

    「第二線延長はじめ!」また全力ダッシュで戻る。
    DSC_6053.JPG

    車両からホースを担ぎ火点へ向けてダッシュ!

    もうバテバテ。声援に背中を押されて走る。声援がなきゃ走れない。
    DSC_6057.JPG

    「第二線放水はじめ!」
    DSC_6059.JPG


    DSC_6063.JPG

    放水が終わり、帰りだって全力で走る!
    DSC_6070.JPG


    大会が終わり、緊張の糸が切れたのか。
    久しぶりに風邪をひいたみたい。

    現場仕事は休めないので、
    もう寝ます。

     

    2014.07.05 Saturday

    操法大会!

    0
      日高市消防団・消防操法大会がいよいよ明日開催されます!!

      なんのこっちゃ。という人がほとんどだと思いますが。
      「操法」というのは、れっきとした競技です。火事を想定した的をポンプ車(消防車)からホースを展開し、送水し、的を倒すまでのスピード・節度の美しさを競います。
      火事場での必要な動きが凝縮されています。5月中旬に日高市内でも大きめの火事があり消火に駆けつけましたがよーく分かりました。(その時は僕らの車輌が消防署よりも速く到着し消火活動を開始しました。)

      僕は2番員という役割で出場します。
      今回の大会の、たった5分間ほどの一瞬のために3月下旬から週2〜5回の練習を重ねてきました。

      練習は、現場仕事後の夜に集まりやります。ダッシュの連続。ホースの展開や節度は精度を要求されます。練習後は疲れすぎて気持ち悪くなる日もしょっちゅう。
      また、僕は個人事業主なので現場仕事後、家に帰ってからも毎晩1〜2時まで事務仕事をするのですが、そんな生活サイクルの中での操法練習だったのでタイヘンでした。
      操法が上手くなったからといって良い庭が作れるようになるわけじゃないし、練習に時間をとられ事務仕事が間に合わず仕事を断られてしまったことも。なので練習が、操法が嫌になった時期もありました。しかし同じ分団の仲間の協力や励ましがあり前向きな気持ちに切り替えることができ今日までがんばることができました。

      明日は、自分のため、というよりは分団の仲間のために、恩返しのつもりで全力で走りたいと思います!!!


      鳥取県江府町消防団の操法。何回もDVD見て勉強させていただきました。
      簡単そうにやってますが、これが難しい。
      2014.06.06 Friday

      事務所移転のお知らせ

      0
        事務所移転のお知らせ。

        要するに、引っ越しです。
        フラットな35年ローンで中古の家を買ったんです(汗)

        同じ日高市内で、以前住んでいた家からは車で10分ほどの距離しか離れていないので仕事への支障は全くありません。
        むしろ仕事環境は良くなってます。

        田舎なので土地はまあまあ広く、家も注文住宅でしっかり建てられているのでイジりがいがあります。
        これからゆっくりカスタムを楽しみたいと思います。


        カスタム第一弾は事務所を作ること。
        DSC_5594.JPG
        中古のユニットハウスを放り込んで。
        このままでは面白くないのでお化粧する予定。
        その前に土地を造成しないと。

        第二弾は庭側の和室の窓を「掃き出し窓」に変えること。
        DSC_5608.JPG

        DSC_5656.JPG
        仲間の大工さんにやっていただきました。
        仕事が早い。一人一日の作業で解体→窓が入りました。
        DSC_5664.JPG
        掃き出しになった窓からの眺め。庭のアイディアが膨らみます♪

        家具もできるだけ自分で作ります。とりあえずテーブル。
        知り合いの鉄鋼屋さんにフレームを作ってもらい、
        DCF00800.JPG
        着色はあえてムラがあったほうがカッコイイと思うので自分で塗装しました。
        もっとムラムラしてても良かったかな〜

        完成。
        DSC_5865.JPG
        そうです。このカタチ。大阪の家具メーカーTRU〇Kのパクリです。
        水に強いタモ材を天板にしました。予算の都合で集成材。サイズは「1800×900」。サンダーかけて、ウッドオイルでフィニッシュ。

        やっぱり、TRU〇Kのオリジナルが醸し出す雰囲気には到底かないませんね。

        また、家の斜め向かいの倉庫を貸していただけることに。
        DSC_5619.JPG
        植木屋さんは屋外の仕事だけではありません。庭作りの材料の下準備など、屋内での仕事はけっこうたくさんあります。
        電気引っ張ってきて。これで深夜まで仕事することが可能になりました。ブラック企業まっしぐらですよ。


        DSC_5801.JPG
        グリーンカーテンにゴーヤーも。こんなに植えて。いったい誰が食べるのか。

        DSC_5873.JPG
        引っ越し祝いにとお客様から頂いたジョン&ヨーコのスケッチ&サイン!!!のコピー。
        ファンにとっては眺めていて飽きません!早速床の間に飾らせていただきました。

        そのお客様のお庭も時間がかかりましたがあと少しで完成です。
        DSC_5740.JPG

        DSC_5853.JPG
        石と草木と人工物の絡み。
        植木屋にしか提案できない仕事を模索しています。



         
        2014.03.07 Friday

        奈良ホテル

        0

          DSC_5048.JPG
          奈良です。


          京都で造園修行していた頃に知り合った仲間の結婚式披露宴があり、招待していただきました。

          披露宴会場は、憧れの、
          DSC_4873.JPG
          奈良ホテル!
          DSC_4920.JPG
          奈良ホテル!!
          DSC_4913.JPG
          奈良ホテル!!!

          披露宴。
          二人初めての共同作業はケーキカット・・・
          DSC_4893.JPG
          ではなくアカマツの植樹!?
          赤松は古来より日本人の生活に深く関わりのある木。植木屋と建築屋のカップルらしいナイスな発想です。
          さすがロクヤ君。

          彼はこの奈良市内で「大岸禄弥造園所」という屋号で仕事しています。
          樹木医の資格も持っています。現場作業もこなします。先日1週間ほど造園あら井の仕事も手伝ってもらいました。
          僕なんかよりもずっと仕事が丁寧です。
          奈良や近畿圏でご入用の方はよろしくお願いします。


          にしても、奈良ホテル。いつかは泊まってみたいものですね。
           
          続きを読む >>
          2014.02.18 Tuesday

          大雪

          0

            なんてこった。
            DSC_4678.JPG
            2月8日に降った雪は30年に1度の大雪だったとか。

            DSC_4680.JPG
            2月14日に降った雪は気象観測の記録が残る120年間で最も多かったとか。

            この10日間は雪を避けながら、どかしながら現場仕事してます。
            今できる作業をコツコツと・・・
            しかしそれにも限界があります。雪があってはできない仕事の方が多い。

            DCF00603.JPG

            DCF00629.jpg

            DCF00620.JPG



            工事のスケジュールが遅れています。
            今やっている工事の後に何人ものお客様をお待たせしている状況です。

            どれも大切な大切な仕事。悩みたおして描いた図面。資料。やっと契約にこぎ付けた仕事。全部僕が直接手をかけたい仕事。
            しかし間に合わないかもしれない。待ちくたびれて断られるかもしれない。
            普通に見えるかもしれませんが内心はけっこう焦っていたりします・・・



            ・・・って、そんなことでイジけていてはいけませんね。
            一生懸命動いてみて、ダメだったら仕方がない。だって120年間で1番の大雪なのだから。
            この大雪で道路が寸断されて集落ごと孤立したり、雪に埋もれた車の中で何日も過ごさなければいけないなど命の危険にさらされている方が数多くいます。仕事くらいのことでイジけている場合ではありません。

            気持ちが切り替わったところで今夜はもう寝よう。
            明日も朝からダッシュでがんばろう。


            今回の大雪に改めて思う。
            爆弾低気圧・酷暑・超大型台風・竜巻・大雪。
            異常気象が日常的に起こるようになっています。
            他人事ではありません。身近な問題です。災害にあったときにどう行動するかを日ごろから想定しておく必要があります。
            一人一人が命を守る行動を!

            そして一人一人が地球環境の急速な変化を回避するための努力を少しでもするべきです。
            植木屋の僕は、
            カッコイイ木をもっとたくさん植えることでしょうか。

             

            2013.12.22 Sunday

            クリスマスツリー

            0

              我が家にもクリスマスツリーを飾りました。

              DSC_4428.JPG

              植木屋ですからね。飾るのは本物の木です。プンゲンストウヒという樹種です。
              室内で本物だとけっこう迫力ある。子供らの反応も違います。
              DSC_4449.JPG
              これから毎年このツリーを飾ることにしよう。

              プラスチックのツリーは消耗品になってしまうけど、本物であれば剪定や植え替えをすることで数十年先も飾れるツリーになります(盆栽的な発想で)。
              楽しみが増えました。

              2013.08.13 Tuesday

              【求人】 従業員・見習いの募集 【造園工】

              0
                 
                「造園あら井」では従業員・見習いを募集しております。

                業務内容は樹木の剪定・掃除・伐採・草刈り・庭作り・外構工事・ちょっとした大工仕事・ちょっとした左官仕事・ちょっとした石仕事。などです。(ブログやホームページから過去の施工事例を見ていただくと分かると思います。)

                最初は覚えることがたくさんあり、また体力的にもしんどいと思います。が、ハマってしまえばこんなに面白い仕事は他にないんじゃないかと思えるくらいです。
                経験を積み技術を身に付ければ、自分の腕一本でメシを食べていくことも可能です。

                経験値・性別は問いませんが、年齢は25歳くらいまで。

                日高市高萩の僕の自宅か、女影(おなかげ)の植木畑に集合後、現場へ向かいます。
                現場は主に埼玉県内・東京都内・群馬県内です。

                やってみたいと思う方は、簡単な自己紹介・住所・連絡先を記入しメールを下さい。
                メールアドレスは会社のホームページからでも確認できます。
                待遇などの詳細はメールを送っていただいた方に直接話します。

                よろしくお願いします!

                TEL:0120-38-5109 
                MAIL:info@zoen-arai.com
                WEB:http://zoen-arai.com

                2013.08.09 Friday

                【求人】造園業の一人親方・アルバイトの募集

                0

                  造園あら井では業務提携できる方、お互いに助け合い仕事ができる方、もしくはアルバイトに来ていただける方を募集しています。
                  造園職人、外構職人、庭師、植木職人、空師、現在造園もしくは園芸を勉強中の学生さん、
                  年齢・技術量は問いません。
                  ご連絡をお待ちしております。


                  TEL:0120-38-5109 
                  MAIL:info@zoen-arai.com
                  WEB:http://zoen-arai.com


                  昨年末にもこのブログで同様の募集をさせていただきました。
                  おかげさまで数件の問い合わせがあり、仕事仲間を増やすことができました。
                  違った環境で修行・勉強してきた職人さんと仕事をするのは楽しくお互いに勉強になります。仲間は多い方が良い。ということで今回の募集です。
                  よろしくお願いいたします。

                  造園あら井 新井隆司
                  2013.06.25 Tuesday

                  弾丸ツアー 諏訪編 「藤森照信」

                  0

                    諏訪といえば「御柱祭り」と「諏訪大社」。
                    大変興味深く愉しかったのですが、その近所の神長官守矢史料館がパンチあり過ぎだったのでその写真を。
                    建築史家の「藤森照信氏」による設計です。

                    雑誌で写真を見かけたことはありましたがほとんど予備知識ナシでしたのでその驚きったらもう。

                    DSC_2893.JPG
                    神長官守矢史料館。

                    DSC_2810.JPG
                    外観だけでなく資料の展示方法もパンチあります。分かりやすいです。
                    そして階段や扉・装飾のデザインに興味津々。事務のおっちゃんに頼めば快く電動式の階段やあちこちの扉を動かして見せてくれますwテンション上がります。

                    DSC_2894.JPG
                    屋根には鉄平石を葺いていました。

                    DSC_2906.JPG
                    サワラの手割板の壁とのこと。素敵過ぎます。

                    DSC_2831.JPG
                    で、畑の向こうにみえるのが「高過庵(たかすぎあん)」


                    DSC_2833.JPG
                    こちらは「空飛ぶ泥舟」だそうで。

                    DSC_2836.JPG
                    笑ってしまいました。笑うしかないでしょう。

                    DSC_2847.JPG
                    高過庵。
                    後ろ姿に、「お〜い!何してんの?」と声をかけたくなります。
                    そんな、愛嬌のある建築です。

                    DSC_2853.JPG
                    固定観念のない子供が、落書きで描いたようなデザイン。
                    これを建築史家が設計したなんて!

                    しかもこの栗の木の脚。これは山に入って探して採ってきて、現場合わせで施工したのだろうと想像します。
                    僕はそこに造園的なものを感じました。

                    DSC_2870.JPG
                    上のお茶室部分。図面ではなくスケッチだけ描いて作り始めたんじゃないかと思ってしまうほど自由です。
                    自由ですがちゃんと則って作ってあるのが分かります。ってことは快適に過ごせそう。(揺れるのでしょうが・・・)


                    僕の仕事の「造園」も、もっと自由でありたい。そんな風に思いました。
                    しかし基本の知識と技術を身に付けた先の自由でなければ、そんなものはクズ同然です。
                    恥ずかしい仕事をしないように、もっと勉強して現場経験を積まないと。
                    決意を新たにし諏訪を後にしました。

                    続く・・・!
                    2013.05.05 Sunday

                    チンズバーガーマーケット!

                    0

                      DSC_1937.JPG
                      僕の高校時代の同級生が高崎市にてハンバーガーショップをオープンしましたのでご紹介。

                      【チンズバーガーマーケット】
                      ☆群馬県高崎市本町117
                      ☆027-386-6325

                      DSC_2105.JPG
                      プレオープンには高校の同級生を中心に20人ほどが集まり開店をお祝いしました。

                      DSC_2093.JPG
                      こんな感じのハンバーガー。
                      うまそうでしょ?
                      ゲンコツみたいなハンバーグ。かぶりつけば肉汁がボタボタボタッと落ちます。そして肉の味を実感。
                      串が刺さっていなければ瞬く間に崩壊してしまうくらい豪快に詰め込んだトマトとレタスとピクルスとチーズ。このシャッキシャキな食感が、ジューシーなハンバーグに合わないわけがありません。
                      パンはこのお店のお隣の老舗パン屋さん「このえぱん」のもの。焼き加減もちょうど良い。とても軽い食感のパン。そういえばハンバーガーで「パンが美味い」ってあまりないですよね。

                      こんな贅沢なハンバーガーセットが1000円ほどで食べられるのだからお得です。
                      マクド〇〇ドやロッ〇リアなんかと比べちゃいけません。土俵が違います。
                      パサパサの肉・ふにゃふにゃのパン・申し訳程度に入っているだけのしんなりしたレタスとピクルス。
                      思い出すと口の中が酸っぱくなる。あんなものを喜んで食べていた自分が滑稽だ。

                      そうそう。生ビールはバドワイザーです。やっぱりハンバーガーにはスカッとキレキレ系のビールが相性良い。バドワイザー以外にも店主がこだわって世界中から集めた「ハンバーガーに合うビール」がたくさんあります。
                      そんなこだわり店主のビールうんちくを聞きながら飲んで食べるのも楽しいです。

                      そんなこんなで造園あら井は強烈に応援しているわけです。
                      皆様、是非近くに行った際は寄ってみて下さい。

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM